就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

地方銀行が人材を紹介

地方銀行が人材紹介をする時代になりつつあるようです。
11月27日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

中小の人手不足解消、地銀が支援

 

 

ここから

 

人手不足が中小企業の深刻な経営課題となるなか、全国の地銀が支援を強化する。規制緩和で地銀が人材紹介業を手掛けられるようになり、参入が相次ぐ見通しだ。大阪地盤の池田泉州銀行は12月から業務を始める。地銀は地元企業に密着しながら人材ニーズを把握し、手数料収入につなげる。成長の制約要因となる企業の人手不足を解消し、中長期的に融資を伸ばす狙いもある。

 

人材紹介会社と提携する地銀はすでに存在する一方、顧客企業との間を仲介するだけのケースが多かった。事業許可を取得すれば地銀自ら求人や求職の申し込みを受け付けられる。経営者の本音や事業の詳細を踏まえて人材紹介会社と交渉できるほか、地銀自ら人材の紹介もできる。

 

貸出金利の引き下げは限界に近づきつつある。「日ごろ付き合いのある地銀が業務効率化も含め人手不足対策の支援をしてくれるのはありがたい」と期待する中小企業の経営者は多い。今後は人材紹介を含む成長支援策の中身でどれだけ差別化できるかが問われる。

 

ここまで

 


困ったことがあれば、メインバンクに相談する中小企業は多いと思います。
困ったことの内容にもよりますけどね…。

 

 

人手不足が続く中、「融資よりも人を連れてきてほしい」というニーズがあるようです。
「人手不足」という困ったことに対応できそうなのが、人材紹介。

 

 

人材紹介するには、厚生労働省による職業紹介事業の許可が必要です。
これまでは人材紹介会社と地方銀行が提携するケースがあったそうです。
これからは、地方銀行自らが職業紹介事業の許可を得て、本格的に人材紹介へ踏み出すことが多くなるかもしれません。

 

 

身近なところでは、横浜銀行さんが人材紹介会社と提携しており、今後は自前で手掛けることも検討するようです。

 

 

中小企業のオーナーさんは、相当助かるのではないでしょうか?