就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年5月10日

ブログ(「隠れ増税」限界に)を更新しました。

2019年5月15日

ブログ(昼休みは一斉に休憩)を更新しました。

2019年5月20日

ブログ(パワハラ証明に「秘密録音」)を更新しました。

2019年5月23日

ブログ(70歳までの雇用を努力義務へ)を更新しました。

2019年5月24日

ブログ(介護休暇、時間単位を検討)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

脱時間給で5業務を了承

この制度が適用される人は、ごくごくわずかだと思います。
12月27日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

脱時間給 5業務を了承 労政審、研究開発やアナリスト

 


ここから

 

厚生労働省は26日、働いた時間でなく仕事の成果で評価する「脱時間給」制度の詳細なルールをまとめた。対象はコンサルタントや研究開発など5業務とし、年収要件は原則、賞与を除いて1075万円以上とした。企業側は出勤時間など業務上の具体的な指示はできない。企業にとっては厳しい運用条件があり、どこまで制度が普及するか不透明な面もある。

 

対象は金融商品の開発、金融のディーリング、アナリスト、コンサルタント、研究開発の5業務。業務ごとに対象とならない事例も列挙し、例えばコンサルは個人顧客を対象とする場合は対象外と明記した。賞与も成績や成果に連動し、支払いが確実といえない場合は年収要件の1075万円に含まないとした。

 

ここまで

 

 

来年4月1日から順次始動する各種働き方改革。
そのうちの一つが、「脱時間給」と呼ばれるものです。
厚生労働省自らが「脱時間給」なんて呼び方をするわけでなく、通称「高度プロフェッショナル制」と呼ばれています。

 

 

賞与を除く年収1,075万円以上で、金融商品の開発、金融のディーリング、アナリスト、コンサルタント、研究開発の仕事に就いている人には、労働基準法上の時間管理が必要ないというものです。
ただし、各種届出と本人の同意が絶対条件となっています。

 

 

この働き方は中小企業では想定し難いです。
大企業でも導入する会社は、ごくごくわずかだと思います。
実務的には、あまり影響はないかと思います。

 

 

本当に導入したかったのは、企画業務型裁量労働制の適用拡大だったと思います。
これについては、厚生労働省の杜撰なデータにより法案を取り下げた経緯があります。
たぶん、再チャレンジがあるのではないかと思います。
これが導入されると、中小企業にも影響があるかもしれません。