就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

2019年11月13日

ブログ(年金減額「月収51万円超で」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

就業中は禁煙へ

禁煙を促すことは、健康経営の一環ですよね。
6月28日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

ライオン、来年から就業中禁煙へ 治療費を全額補助

 


ここから

 

ライオンは2020年1月から国内全ての従業員を対象に就業時間内を禁煙にする。まず東京都墨田区にある本社の屋内に設置している喫煙ルームを7月から撤去し、国内の事業所や工場で段階的に進めていく。社員の健康を維持し、受動喫煙を防ぐ狙いで、従業員の喫煙率を18年時点から8ポイント低い15%にすることを目指す。

 

ここまで

 


「就業時間内を禁煙にする」って当然でしょう。
就業時間内における喫煙ルームまでの往復、そして煙草を吸っている時間そのものはサボっているのと同視されても致し方ないと思います。
なんて軽く申しましたけど、私もかつては同じようなことをやっていました。

 

煙草をやめて約10年になります。
今考えると、就業時間中に煙草を吸いに行って、残業時間はきっちりとつけていましたから、申し訳ないことをしたと思っています。

 

 

記事にある趣旨は、そういった生産性云々ではなく、社員の健康を守るため。
特に、受動喫煙はたまったものではないでしょうね。

 

 

今後は、募集・採用の段階で「非喫煙者に限る」なんて条件が付す会社が多くなってくるかもしれないですね。