就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年8月8日

ブログ(ハイカツ)を更新しました。

2019年8月9日

ブログ(女性就業者が3000万人)を更新しました。

2019年8月13日

ブログ(「脱時間給」300人どまり)を更新しました。

2019年8月19日

ブログ(「保険証」登録でポイント)を更新しました。

2019年8月20日

ブログ(正社員不足、1年ぶり緩和)を更新しました。

2019年8月22日

ブログ(テレワークの問題点)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

悪質クレームが増加

カスハラなんて言葉を最近聞きます。
6月19日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

客・取引先の悪質クレーム、担当者の55%「増えた」 マニュアル整備、31%どまり

 

 

ここから

 

顧客や取引先からの悪質なクレーム、理不尽な要求といった「カスタマーハラスメント(カスハラ)」を巡り、会社の苦情対応の担当者や経験者の55.8%が「最近3年間で増えた」と感じていることが18日までに、民間の調査で分かった。

 

社員を守るための顧客対応マニュアルがあるとの回答は31.4%にとどまり、企業の対策が遅れている実態も浮かび上がった。政府は相談体制整備など企業が取り組むべき対応策を来春までに指針で示す方針だ。

 

最近3年でカスハラが増えているかどうかを尋ねたところ、「とても増えている」が14.7%、「増えている」が41.1%で、半数以上が増加と回答。「変わらない」は41.8%で、「減っている」「とても減っている」は計2.4%にとどまった。

 

カスハラを受けた人に具体的な被害(複数回答)を聞くと、「何度も同じことを言う」「論点がずれたクレーム」、土下座や社員の解雇といった「不当な要求」がいずれも70%を超え、上位を占めた。

 

ここまで

 


「政府は相談体制整備など企業が取り組むべき対応策を来春までに指針で示す方針…」ということは、セクハラ、マタハラ、パワハラに続き、このカスハラも同様の相談体制が必要となるのでしょうか?

 

仕事中に受けるハラスメントということですから、企業に何らかの措置を講じさせるべきということでしょうね。

 

私もかつては接客業の最前線で仕事をしておりましたので、クレームは何度も受けました。
大昔の話しでして、当時はそんなに悪質なものはなかったように思います。

 

 

最近は、記事にあるように、土下座の強要や、解雇を求めるなどの要求もあると聞きます。


悪質な要求や不当な要求は相手にしなければいいと思いますが、事実を捻じ曲げてネットに書き込まれそうです。

 

 

悪質なクレームと言えば、現職の警察官が、プライベートでリサイクル店を訪れた際、割れた皿を持ち込んだのに店員が割ったことにした上、威圧的な態度で1時間にわたり恫喝を続けたという事件がありました。

女性店員の方は過呼吸になってしまったとか…。

 

何とも、イヤな世の中になりました。