就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年8月30日

ブログ(年金の財政検証)を更新しました。

2019年9月10日

ブログ(契約CAの無期転換認める)を更新しました。

2019年9月12日

ブログ(派遣社員に同一労働同一賃金)を更新しました。

2019年9月17日

ブログ(4億3000万円を私的流用)を更新しました。

2019年9月20日

ブログ(パワハラ防止の骨子案)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

産業医調査で、長時間労働「改善」7割

大企業に限ったお話しかもしれませんけど、労働時間のお話しです。
8月19日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

長時間労働「改善」7割 産業医調査

 

 

ここから

 

産業医の約7割が、企業などで働く人の長時間労働が改善していると感じていることが、医師専用コミュニティーサイトを運営するメドピアの調査で分かった。働き方改革に伴い、企業などでの法令順守の意識が高まったことや、ノー残業デーが浸透したことが要因とみられる。

 

調査はメドピア子会社のメディプラットが集計した。6月、メドピアのコミュニティーサイトに登録する医師のうち、企業などの事業所で従事する産業医500人を対象に実施した。

 

長時間労働が「かなり改善されている」は14%で、「少し改善されている」が52%だった。一方、29%は「(以前と)変わらない」と回答した。

 

記述回答では、働き方改革の効果を感じる産業医が目立った。企業などによる効果的な施策として「『この人しかこの仕事ができない』という環境を、『複数の人がこの仕事に対応できる』という環境にした」を挙げる声もあった。

 

ここまで

 


記事には、「企業などの事業所で従事する産業医」を対象とする調査と書かれています。

1,000人以上従業員がいる事業所(有害物質取扱いや深夜業務がある場合、500人以上)では、専属の産業医を選任しなければならないこととなっています。
よって、この調査は、大企業におけるものなのかなと思います。

 

 

まずは大企業から改善がなされ、それが中小企業にも波及していくという流れになることはよくあることです。
この長時間労働の改善もそうであってほしいものです。

 

 

昨今では、大企業の仕事を下請に委託し、それにより中小企業が人手不足となることもあると聞きます。
しわ寄せが、中小企業に及んでいるわけです。
社会全体のことを考えると、そこは避けたいですね。