就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

2019年11月13日

ブログ(年金減額「月収51万円超で」)を更新しました。

2019年11月19日

ブログ(高年齢者を雇用保険に入りやすく)を更新しました。

2019年11月21日

ブログ(失業手当の制度変更を検討)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

育休促進で膨らむ雇用保険

育休取得が、雇用保険の財政に影響があるのでしょうか?
10月30日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

育休促進、膨らむ雇用保険

 


ここから

 

政府は国家公務員の男性職員に原則1カ月以上の育児休業の取得を促す方針だ。民間企業にも波及させて、育休の取得率を高める狙いだが、休業中の賃金の補填が課題だ。現行制度は雇用保険を使って給付する仕組みで、給付額は年5千億円を超す。2019年度には失業者を対象にした給付を上回る見通し。給付が増え続ければ、企業と労働者が負担する雇用保険料を上げざるを得ない。政府が重要政策に掲げる少子化対策の費用を労使が担い続けることに異論も出始めた。

 

厚生労働省によると、18年度の育児休業給付は5312億円。前年度に比べ11%増えた。毎年10%前後伸びている。一方、失業給付の「基本手当」は5473億円で1%増にとどまった。19年度には育児休業給付が上回る公算が大きい。出産で退職する女性は減り、育児休業の取得が増えているためだ。男性の取得が増えていけば、雇用保険の支出はさらに膨らむ。

 

ここまで

 

 

政府は、男性に育児休業を取得せさせることに躍起になっている感じがします。
まずは、男性公務員に原則1ヵ月以上の取得を促すとのことです。
育児休業を取得するかどうかは個人の自由ですし、ましてや1ヵ月以上と決めるのはどうかと思います。

 

 

民間の場合、育児休業を取得すると、性別に関係なく「育児休業給付」が支給されます。
その額は、原則として、最初の6ヵ月は毎月の賃金の約67%、その後は約50%です。

 

 

この財源は、皆さんの毎月の給料から控除されている雇用保険料が大部分です。
この部分の保険料率は、一般の事業では労使ともに0.3%ずつです。

 

 

この保険料率を上げるのか、それとも税金を投入するのか議論がされているとのことです。

 

 

育児休業を取得したくない人に取得させるから財政がひっ迫するのではないかと考えてしまうのですけど…。
少子化の時代には、このような発想は良くないですかね。