就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年1月15日

ブログ(黒字リストラ)を更新しました。

2020年1月17日

ブログ(会社が副業を紹介)を更新しました。

2020年1月20日

ブログ(小泉環境相が育休取得へ)を更新しました。

2020年1月21日

ブログ(「70歳就業」来年4月から)を更新しました。

2020年1月22日

ブログ(ファミレスの深夜営業が短縮へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

減った残業代の還元は…

働き方改革で得た果実は、いつ還元されるのでしょうか?
12月31日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

働き方改革で減った残業代 「社員に還元せず」5割

 

 

ここから

 

大企業の残業時間の上限が規制されるなか、減った残業代の分を社員に還元していない企業が2019年4~6月で5割に上ることが日本経済新聞の調査で分かった。多くの企業で残業を減らしながら生産性を高め、それに寄与した社員に報いるという循環に至っていない現実が浮かぶ。

 

残業時間が減ったと答えたのは全体の3割で、このうち、従業員に何らかの形で還元しているか聞いたところ、還元した割合は14.0%(7社)。22.0%(11社)は検討中で、還元していない企業が50.0%(25社)を占めた。還元を実施か検討中と答えた企業の具体策(複数回答)は「ボーナスへの上乗せ」が22.2%で最多。「基本給への上乗せ」「各種手当の支給」がともに16.7%で続いた。

 

ここまで

 


昨年(2019年)4月から、大企業における長時間労働の抑制(残業時間の上限規制)がスタートしました。

 

記事を読むと、そもそも残業時間が減ったと答えたのが全体の3割。
一見すると「少ないなぁ」と思いました。


こっちの方が問題のような気もしますけど、よく考えると4~6月時点での調査ですからね。
働き方改革の成果があまり出ていない頃かもしれません。

 

 

労働時間のことは置いておいて…
減った残業代を還元できている企業はたった14%で、還元していない企業は50%。


これも4~6月における調査なので、7月に賞与支給がある会社の場合、賞与での還元はまだ出来ていないでしょう。
また、基本給に上乗せすることで還元するのであれば、今春闘での上乗せになるのではないでしょうか。
そういう意味で、今年の春闘は注目かもしれません。