就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年2月18日

ブログ(社外での会合参加も原則禁止)を更新しました。

2020年2月19日

ブログ(管理職女性へセクハラ多く)を更新しました。

2020年2月20日

ブログ(倒産時の未払い給料の救済)を更新しました。

2020年2月21日

ブログ(自転車通勤での労災適用)を更新しました。

2020年2月27日

ブログ(テレワーク)を更新しました。

2020年2月28日

ブログ(企業の厚生年金、加入逃れ対策強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金額0.2%増に抑制

「マクロ経済スライド」という言葉を聞いたことがありますか?
1月24日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

年金額0.2%増に抑制 20年度、マクロスライド2年連続発動

 

 

ここから

 

厚生労働省は24日、2020年度の公的年金の受給額を19年度比で0.2%引き上げると発表した。厚生年金を受け取る夫婦2人のモデル世帯では月額22万724円と458円増える。2年連続のプラス改定となったが、給付額を抑制する「マクロ経済スライド」も初めて2年連続で発動する。賃金や物価の伸びより年金額の増加を抑えて、将来世代の給付に備える。

 

自営業者や学生が入る国民年金は満額で月額6万5141円と133円増える。国民年金を満額で受け取るためには40年間保険料を支払う必要がある。

 

受給額の計算に用いた賃金上昇率は0.3%だった。以前は賃金の変動に応じて年金額が決まる仕組みだったが、04年のマクロ経済スライドの導入で伸びが抑制されるようになり、20年度の増額率は0.2%にとどまった。

 

ここまで

 


年金は現役世代の賃金や物価の変動率に合わせて給付額が増減する仕組みです。
ですので、年金の額は原則として、毎年スライドします。

 

 

ですが、少子高齢化によって保険料を負担する現役世代が減少すると、その負担が増え続けます。
年金財政には積立金が多くありますが、現役世代から年金世代へ仕送りをしていることが建前です。
現役世代が減り、年金世代が増えると、年金財政が危機に陥りかねません。

 

 

そのため、上述の賃金または物価のスライドだけではなく、もう一つ視野の大きな観点でスライドが行われます。
それが「マクロ経済スライド」と呼ばれる調整です。
年金全体の被保険者の変動率と平均余命の伸びを換算して計算されます。

 

 

単なるスライドであれば、年金は0.3%上昇するところでした。
これに、マイナス0.1%のマクロ経済スライドが加味され、来年度の年金は0.2%の上昇に抑えられるという訳です。