就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年2月18日

ブログ(社外での会合参加も原則禁止)を更新しました。

2020年2月19日

ブログ(管理職女性へセクハラ多く)を更新しました。

2020年2月20日

ブログ(倒産時の未払い給料の救済)を更新しました。

2020年2月21日

ブログ(自転車通勤での労災適用)を更新しました。

2020年2月27日

ブログ(テレワーク)を更新しました。

2020年2月28日

ブログ(企業の厚生年金、加入逃れ対策強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

失業手当が早くもらえそう

会社を辞めようと思っている人には良い知らせかもしれません。
1月27日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

自己都合の退職 失業給付前倒し 厚労省、転職活動促す

 

 

ここから

 

厚生労働省は自己都合で退職した人を対象にした失業手当で、給付するまでの期間を短くする。いまは退職してから約3カ月で給付を始めるが、2020年度中に約2カ月にする。より早く失業手当を支給し、転職活動をしやすくする。

 

失業手当は主に労使が資金を拠出する雇用保険から給付する。安易な離職につながらないよう自己都合の場合、給付するまでの期間を約3カ月としてきた。新たに5年間で2回に限り、自己都合による退職から約2カ月で給付するよう見直す。

 

ここまで

 


「一身上の都合」などの自己都合による退職の場合、失業手当は7日間の「待期期間」の後、3ヵ月の「給付制限」後から支給されます。
この「3ヵ月」を「2ヵ月」に短縮することを検討しているそうです。
早くもらえる方がありがたいですよね。

 

 

ただし、5年間に2回までという回数制限があるようです。
詳しくはまだ分からないですが、何度も2ヵ月ですぐに支給するわけにはいきませんよということですね。


早くから失業手当をもらえるのはありがたいですが、再就職手当の受給に少し影響があるかもしれません。

再就職手当は、再就職時点における失業手当の支給残日数が関係します。
これもまだ詳しくは分からないですけど、早くからもらえるようになるがために、残日数が少なくなることもあり得るかなと思います。

それだけ、早く再就職しなくてはというモチベーションが高まるでしょうね。