「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年5月19日

ブログ(60代の労災急増)を更新しました。

2020年5月20日

ブログ(コロナ後も在宅勤務)を更新しました。

2020年5月21日

ブログ(在宅勤務費用、誰が負担)を更新しました。

2020年5月22日

ブログ(コロナ感染で初の労災認定)を更新しました。

2020年5月27日

ブログ(解雇・雇い止め1万人超)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

在職老齢年金の減額縮小は2年後から

60歳以降65歳になるまでの間で働くシニアの方の年金減額縮小のスケジュールが固まりました。
2月5日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

働くシニアの年金減額、22年4月から縮小 制度改正、就労を後押し

 

 

ここから

 

高齢者が働くことを後押しする環境づくりが進む。厚生労働省は60~64歳で満額の年金を受け取る人を増やす制度改正を2022年4月に実施する方針だ。4日には70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする法改正案も閣議決定された。人口減で人手不足が広がる中、意欲のある高齢者の就労を促す。

 

働いて収入があるシニアには「在職老齢年金」という年金を我慢してもらう仕組みがある。現在は賃金と年金の合計額が月28万円を超えると年金が減る。22年4月からはこの基準を月47万円に上げる。

 

厚生年金の受給開始を65歳に上げる時期に差があるため、対象者は男女で異なる。男性は1957年4月2日~61年4月1日生まれ(58~62歳)、女性は57年4月2日~66年4月1日生まれ(53~62歳)で将来の年金が増える可能性がある。

 

在職老齢年金は働いて一定の収入がある人の年金を減らし、その分を将来世代へ回す仕組みだ。賃金がある程度増えても年金が減らないようにしてシニアの就労を後押しする。一方、年金支給額は約3千億円増えその分は将来世代の年金が減る。

 

ここまで

 


以前も書きましたが、働くシニアの年金減額のことを「在職老齢年金」と言います。

 

60歳から64歳までの高年齢者が特別支給の老齢厚生年金を受給する場合、賃金と年金の合計が月28万円を超えると年金が減額されます。
この「月28万円」という基準を、2022年4月から「月47万円」に引き上げるというものです。

年金が減額にならなくて済む人も出てくることと思います。
それによって、シニア世代の就労意欲が増すことが期待されています。

 

 

ただし、この恩恵を受けることのできる世代は限定的で、以下の方が対象です。
男性は1957年4月2日~1961年4月1日生まれ(58~62歳)の人。
女性は1957年4月2日~1966年4月1日生まれ(53~62歳)の人。

 

 

男性の1961年4月2日以降生まれの人は、65歳未満で支給される特別支給の老齢厚生年金自体がなくなる世代です。

つまり、もらうもの自体がないので、減額なんて何の関係もありません。
女性の場合は、1966年4月2日以降生まれの人が同様です。

 

個人的には、私は65歳未満で受給する「特別支給の老齢厚生年金」を受給できない世代でして、この記事にはまったく無関係です。

 

誤解のないように言っておきますが、すべての方は65歳以降は通常の老齢厚生年金は支給されます。

65歳以降も在職老齢年金の制度があり、その場合も基準は「月47万円」となります。

なお、「月47万円」という基準は、物価・賃金水準により変わることもあります。