就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年3月29日

ブログ(新型コロナによる内定取消し)を更新しました。

2020年4月8日

ブログ(緊急事態宣言でも休業手当が必要)を変更しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

管理職女性へセクハラ多く

女性に対するセクハラのお話しです。
2月18日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

管理職女性へセクハラ多く 日本・スウェーデン・米で同傾向 「部下からも嫌がらせ」

 

 

ここから

 

非管理職の女性に比べ、管理職の女性の方がセクハラの被害を受けることが多いことが、日本とスウェーデンの研究者による共同調査で分かった。セクハラなどは一般的に、上司ら立場の強い人が弱い人に行うケースが多いとされるが、研究にあたった専門家は「女性は地位が上がるにつれ、部下からも嫌がらせを受けるようになっている」と分析している。

 

ここまで

 


変な言い方になりますが…
セクハラと言うと、地位のある男性から地位の無い女性に対するものが定番です。
最近では、女性から男性へ、あるいは同性間でもセクハラになります。

 

 

女性もそれなりに権限や役職をもらうと、セクハラ被害にあうことはないのではないかと勝手に想像していました。
ところが、記事の通り、管理職の女性が非管理職の女性よりもセクハラ被害を受けることが多いそうです。

 

 

記事では、「女性は地位が上がるにつれ、部下からも嫌がらせを受けるようになっている」とのことです。
この「嫌がらせ」って、セクハラではなくパワハラではないのでしょうか?
男女問わないと思うのですけど、部下が女性の管理職に対するセクハラってどういうものなんだろう?

 

 

セクハラについては、相談窓口を社内に設置することが男女雇用機会均等法で義務付けられています。
女性管理職の方もそういうところへ相談すればいいのでしょうけど、「管理能力不足」などのレッテルを貼られることを嫌い相談できずに、泣き寝入ることとなるのでしょうか。