就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年3月24日

ブログ(新型コロナ休暇支援の助成金)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

新型コロナで業務改革加速も

新型コロナウイルスが社会の変化を作り出しているかもしれません。
3月8日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

都心の人出、大幅減 夜の銀座は半分に 新型コロナで業務改革加速も

 

長い記事の中から興味ある部分だけ抜粋します。
文章に関連が乏しい場合がありますので、ご了承ください。

 

 

ここから

 

新型コロナを機に在宅勤務を取り入れた電通や資生堂の本社がある東京・汐留地区。KDDIの携帯通信契約者のうち、個人を特定しない前提でデータ分析の対象にする同意を得ている数百万人分の位置情報データを解析してみた。安倍晋三首相が政府の対策本部でテレワークなどを呼び掛けた翌日の2月26日から28日の同地区の日中の勤務者人口は、前年同期より約20%も少なかった。

 

午前6時台は前年比9%のプラスだった一方、同8時台は2割以上減り、時差出勤が広がる現状も浮かんだ。同地区勤務で最近テレワークを始めた30代女性は「仕事に支障はない。今から思えば定時出社の意味は何だったのか」と振り返る。

 

金融機関勤務の男性(53)は銀座線と丸ノ内線で通勤する。いつもは「痛勤」でスマートフォンを見るのも難しかったが「最近は全く問題ない」と驚く。

 

東京五輪期間中の混雑などに対応するため、企業にはもともとテレワークの推進や、都心部の渋滞の緩和といった取り組みが求められていた。想定外の感染拡大はその前倒しを強く迫った形だ。

 

実際に在宅勤務や時差通勤が広がった結果、その効果を多くの人が実感しつつある。感染終息後も同様の取り組みが継続する可能性もある。

 

足元の企業業績には大きな打撃となる感染拡大だが、その陰では「コロナ後」を見据えた社会の変化の萌芽(ほうが)が生まれ始めているのかもしれない。

 

ここまで

 


オフィス街の昼間の人口が2割も減っているとのことです。
「在宅勤務」の影響でしょうね。

 

私の友人でも、週に何日かは在宅勤務を命じられているケースがあります。
この「在宅勤務」が一つのトレンドになっていることは間違いないでしょう。
今後、もっと昼間のオフィス人口が減る可能性もあるのではないでしょうか?

 

 

そして、時差出勤で朝早い電車に通勤客がシフトしている模様です。

 

混雑状況も解消されたとのことです。
東海道線の川崎-品川間なんて、本当に「痛勤電車」ですよ。
10分間、身動きが取れないですからね。
これらの結果、電車の遅延が減ったとのことです。

 

 

「在宅勤務」は、政府が推奨するもなかなか企業が取り入れませんでした。
この新型コロナによりやむを得ず取り入れてみたところ、「わりといいんじゃないか?この働き方も…」と考える企業が出てきそうです。

 

 

迷惑な「新型コロナ」ではありますけど、社会の変化が生まれつつあるのかもしれないです。