「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年5月19日

ブログ(60代の労災急増)を更新しました。

2020年5月20日

ブログ(コロナ後も在宅勤務)を更新しました。

2020年5月21日

ブログ(在宅勤務費用、誰が負担)を更新しました。

2020年5月22日

ブログ(コロナ感染で初の労災認定)を更新しました。

2020年5月27日

ブログ(解雇・雇い止め1万人超)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

緊急事態宣言でも休業手当が必要

とうとう発出された緊急事態宣言。
その要請で休業した場合、労働者に対する休業手当の支払いは必要でしょうか?
昨日のネットニュースからご紹介します。

 

 

厚労相、休業手当の一律除外否定 緊急事態宣言で、不可抗力が要点

 

 

ここから

 

加藤勝信厚生労働相は7日の記者会見で、新型コロナウイルス特措法に基づき緊急事態宣言が発令され、特定施設の使用が制限された場合、使用者側の休業手当支払い義務について「一律に、直ちになくなるものではない」と述べた。

 

加藤氏は支払いの要否について「(原因が)使用者の不可抗力によるものかどうかがポイント」と指摘。「自宅勤務などで労働者を業務させることが可能か、他に就かせる業務があるかも含め総合的な判断が必要」と説明した。

 

労働基準法は、使用者に責任がある理由で労働者を休ませた場合、その期間中、平均賃金の6割以上の休業手当を支払わなければならないと定めている。

 

ここまで

 

 

これまでの自粛要請による休業よりも、今回の緊急事態宣言による休業要請の方が要請力は強いのでしょうね。


法の裏付けにより、休業要請されるわけですから、使用者側が「不可抗力だから、休業手当を支払わなくてもよくなるのでは?」と考えてしまうかも。

分からないわけではないですが…。

 

 

休業手当は労働基準法に定められたものです。
それを所管する厚生労働大臣が、「支払い義務はなくなるものではない」と言っているのですから、これまで支払ってきた会社では、今後も支払い続けることとなるのでしょう。
労働者側は、一安心ですね。

 

 

ただ、この休業手当を支払うべきかどうかの判断はなかなか難しいです。
労働基準法に定められているものですから、迷った場合には、労働基準監督署へ確認しましょう。

 

 

なお、休業手当を支給した場合には、一定の額について雇用調整助成金から補償されますから、お忘れなく。

私たち、社会保険労務士がお手伝いできる分野です。