「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年11月13日

ブログ(コロナ解雇の増加ペースが鈍化)を更新しました。

2020年11月17日

ブログ(在「車」勤務)を更新しました。

2020年11月20日

ブログ(大卒内定率69.8%)を更新しました。

2020年12月1日

ブログ(出産育児一金50万円を検討)を更新しました。

2020年12月2日

ブログ(副業の労災給付が改正)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

経団連「工場週休3日に」

新型コロナの影響で、働き方が変わりそうです。
5月8日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

経団連「工場週休3日に」 ガイドライン原案 経済再開に向け

 

 

ここから

 

経団連は14日にも公表する経済活動ガイドラインの原案をまとめた。製造業の工場では現在の週休2日を3日に増やすよう企業に促す。全業種を対象に当面の出張自粛のほか、会議や採用面接のオンライン実施などを求める。活動再開を進めながら、新型コロナウイルスの影響拡大を抑える。

 

工場では人の接触をできるだけ避けるため、休業日や輪番制で休みを増やすよう求める。オフィスでは出勤前の体温を従業員に確認させ、職場のレイアウトは2メートルの間隔を取れるよう見直すことを促す。

 

緊急事態宣言の期間中だけでなく、解除後も新型コロナの影響が収束するまで継続することを想定する。

 

ここまで

 


明日(5月14日)、公表される予定のもののようですが、経団連では以下を企業に求めるようです。
・製造業の工場では現在の週休2日を3日に増やす
・全業種を対象に当面の出張自粛、会議や採用面接のオンライン実施など

 

 

週40時間のままで、週休3日(週4日勤務)にすることは可能です。
変形労働時間制という手法を使えば、1日10時間労働で週4日勤務とすることは可能です。

 

ただ、そこから残業が発生するようなことがあると、長時間労働になりかねません。
過労やメンタルヘルスなどが生じた場合安全配慮義務云々のお話しになる可能性はあると思います。

 

 

これらは、新型コロナの影響が収束するまでの間を想定しているようです。
職場に受入れらるものであれば、その後も継続してもいいのではないかと思います。

 

 

***お知らせ***
こういう時だからこそ、「雇用調整助成金の支給申請手続き」でお役に立ちたいと考えています。
お問い合わせ・お申し込みは、こちらからお願いします