「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年5月19日

ブログ(60代の労災急増)を更新しました。

2020年5月20日

ブログ(コロナ後も在宅勤務)を更新しました。

2020年5月21日

ブログ(在宅勤務費用、誰が負担)を更新しました。

2020年5月22日

ブログ(コロナ感染で初の労災認定)を更新しました。

2020年5月27日

ブログ(解雇・雇い止め1万人超)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

60代の労災急増

高年齢者の労災(業務災害)が増えているそうです。
5月1日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

60代の労災急増、対策は 小売業など安全管理緩く、転倒でも重症化

 

 

ここから

 

中央労働災害防止協会(東京・港)によれば、小売業の60歳以上の労災(休業4日以上)は18年が4612件。13~18年に年平均8.8%のハイペースで増えた。同じく労働力の高齢化が進んだ建設業の60代が、年平均1%減らし続けたのと際だった違いをみせる。

 

ここまで

 


記事はこれだけではなくその後も続くのですが、高年齢者の労災が増加している理由は…

・建設業や製造業などは安全管理体制が整っているが、小売業などでは整っていない
・身体機能が落ちる60代に合わせ、安全環境を整える意識が業界全体に希薄

 

 

建設業などでは、厳しい法律の規定があるので安全意識が相当高いと思います。
小売業などの安全意識が低いわけではないのでしょうけど、働く人の高齢化が進む中で体制が追い付いていないのかもしれません。

 

 

小売業の60代に目立つのは転倒事故や転落事故だそうです。
滑り止め付きの靴を配ったり、脚立から階段状の踏み台に変えたりといった工夫で防げるとのことです。
他にも、職場の知恵で解決できることもあるかもしれないです。

 

 

高年齢の方が骨折などで仕事を休むと、長引くかもしれません。
貴重な戦力を失うばかりか、業務上災害で休業中は解雇できません。

高年齢者を多く抱える職場では、ちょっと考えた方が良いかもしれないです。

 

 

***お知らせ***
こういう時だからこそ、「雇用調整助成金の支給申請手続き」でお役に立ちたいと考えています。
お問い合わせ・お申し込みは、こちらからお願いします