「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2021年12月17日

ブログを更新しました。

タイトル:冬のボーナスが増加傾向

2022年1月1日

ブログを更新しました。

タイトル:2022

2022年1月6日

ブログを更新しました。

タイトル:リモートになじめず孤独感

2022年1月7日

ブログを更新しました。

タイトル:傷病手当金の支給期間が通算化

2022年1月13日

ブログを更新しました。

タイトル:起業失敗でも失業手当

2022年1月14日

ブログを更新しました。

タイトル:くらしの制度がこんなに変わる

2022年1月19日

ブログを更新しました。

タイトル:リモート採用での替え玉受験

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

リモハラ

またもや新造語が…「リモートハラスメント」の略だそうです。。
6月1日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

テレワークで「リモハラ」懸念 文字だけの指示、強圧的な印象 私生活言及に不快感も

 

 

ここから

 

新型コロナウイルスへの対応で広がるテレワークに特有のハラスメントリスクを専門家が指摘している。文字だけの業務指示は強圧的な印象を与えやすく、在宅勤務で垣間見える私生活への言及は相手に不快感を与える恐れがある。「リモートハラスメント(リモハラ)」などと呼ばれることもあり、テレワーク定着に向けてルールやマナーの整備が求められる。

 

「資料提出は今日の17時までに。オンライン会議は14時から時間厳守で。在宅勤務では明確な成果が求められます」。業務指示のメールが上司から毎朝送られてくる。30代女性会社員は、テレワークになって上司とのやりとりにストレスを感じているという。「メールだと一方的に指示されている感覚に陥る。言いにくいことを伝えるときに態度で示すなどの余地がなくなった」

 

もともと文字のみのやりとりは先鋭化しやすい傾向があるといわれる。行間を補う顔文字やスタンプを仕事で使うのは一般的でない。言い切りの言葉遣いや端的な表現になりやすく、命令調を強く感じさせてしまう。

 

安倍嘉一弁護士は「ビデオ通話などを活用して一対一で話す『ワンオンワン』などの機会を増やすのが有効ではないか」と助言する。

 

ここまで

 

 

記事にあるように、文字のみのやりとりは先鋭化しやすい傾向がありますよね。
冷たいか感じがすると言いますか…。

 

 

その点、顔文字やスタンプがあれば和らぐでしょう。
だけど、顔文字を使う仕事上のメールには、あまりお目にかかることがないです。
たまに顔文字を使う方がいらっしゃいますけど、軽いと受取られかねません。

 

 

そのためにも、記事にある弁護士さんが言うように、顔の見える通話の機会を増やすことが大切だと思います。


よく非言語コミュニケーションが大切だと聞きます。
たとえば、身振り、姿勢、表情、視線に加え、服装や髪型、呼吸、声のトーンや声質など。
相手と接することで、目で見て、耳で聞いて…そういったことがコミュニケーションで大切であることを再認識させられます。

 

 

***お知らせ***
こういう時だからこそ、「雇用調整助成金の支給申請手続き」でお役に立ちたいと考えています。
お問い合わせ・お申し込みは、こちらからお願いします