「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年6月25日

ブログ(在宅勤務、7割が「効率低下」)を更新しました。

2020年7月1日

ブログ(休業で社会保険料軽減)を更新しました。

2020年7月2日

ブログ(求人倍率が46年ぶりの下げ幅)を更新しました。

2020年7月6日

ブログ(派遣社員も在宅拡大)を更新しました。

2020年7月7日

ブログ(大手企業でオフィス面積を半減へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

就活生「ウェブ面接受けた」6割

就職活動の形態も変わりつつあるようです。
6月5日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

就活生「ウェブ面接受けた」6割 4月の民間調査

 

 

ここから

 

就職活動情報サイトを運営するマイナビによると、インターネット上で就職用の面接「ウェブ面接」を受けた人は4月に全体の6割となり、前月比で20ポイント増えた。新型コロナウイルス禍による外出自粛で対面による学生の就職活動は難しくなっている。学生と企業双方にとってオンライン上での需要が高まっている。

 

4月の就職活動について、ライブ形式のウェブ面接を受けた割合は61%だった。録画形式のウェブ面接を受けたのは18%。就活生の面接社数は平均で2社強。うち88%がウェブ上での開催だった。4月後半に限ればウェブ面接が95%だった。

 

面接以外のウェブ上での就職活動について「録画済みの会社説明会の視聴」(59%)や、「ライブ形式の会社説明会など」(51%)に参加する就活生が多かった。

 

ここまで

 

 

コロナ禍により、新卒採用を控える会社が多くなっているとも聞きます。
一人でも社員を採用する会社としては、面接試験の実施はマストです。
面接試験の無い採用試験は、あり得ないでしょうから…。

 

 

そのようなこともあり、コロナ禍のためウェブ面接が増えているとのこと。
ライブ形式もあれば、録画形式もあるとのことです。

 

 

思うのですけど、東京や大阪に本社がある会社の場合、地方在住の学生さんには追い風が吹くかもしれないです。
これまでは、地方に住んでいるという制約で受験を断念していた人たちが、ウェブを介することで受験しやすくなるのではないでしょうか。


最終面接近くになると、ウェブではなく対面での面接となるでしょう。
人数も絞られていることでしょうから、交通費をもらえるかもしれませんし…。

 

せこい話になってしまいましたが、コロナ禍により採用する学生の出身大学の構成が変わるかもしれないです。

 

 

***お知らせ***
こういう時だからこそ、「雇用調整助成金の支給申請手続き」でお役に立ちたいと考えています。
お問い合わせ・お申し込みは、こちらからお願いします