「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年10月22日

ブログ(銀行が取引先間の人材融通支援)を更新しました。

2020年10月23日

ブログ(職場での雑談が恋しい)を更新しました。

2020年10月27日

ブログ(身体接触無くても労災認定)を更新しました。

2020年10月28日

ブログ(求人「未経験OK」が減少)を更新しました。

2020年10月29日

ブログ(月80時間勤務にも失業手当)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

勤務、在宅やめ出社に

コロナ禍により在宅勤務をすることが多くなりましたが、緊急事態宣言解除後は通常出社で…。

6月18日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

 

勤務、在宅やめ出社に

 

 

ここから

 

キーエンスは従業員の勤務体系を在宅勤務から通常出勤に戻す。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言を受け、一時は出社を全体の2~3割に抑制していた。感染者が再び増加する第2波に備え時差出勤や会議室の人数制限などは継続するが、同社の高い収益力を支える営業と開発部門の正常化を急ぐ。

 

緊急事態宣言中の4月上旬から在宅勤務を推奨し、国内従業員の約2500人の出社を2~3割に抑制していた。宣言解除後の5月末には6割程度に戻し、現在ではほぼ通常勤務に戻した。今後も時差出勤や会議室の人数制限を継続するほか、机の間にパーテーションを設置するなどの対策も進めている。オンラインでの営業活動なども推進し、出張や移動による時間や費用のロスを抑えた効率的な事業活動にもつなげる。

 

顧客に深く入り込む営業網と、営業人員が吸い上げた情報から開発する独自製品で他社を圧倒する。製造をほぼ外部に委託する「ファブレス」企業で、開発と営業に特化して高い経営効率を実現している。営業や開発など「在宅ではできない仕事の割合が多い」(同社)ため、感染者数が少ない状況では通常勤務とする方針だ。感染状況に応じて再び在宅勤務推奨に戻す柔軟な仕組みとする構えだ。

 

ここまで

 

 

緊急事態宣言解除後も在宅勤務でやっていく会社が多いという記事をよく目にします。

それにともなって、賃金および評価制度の変更を検討している会社も多いです。

 

逆に、通常通りの出勤体制に戻すという記事は初めて見たような気が致します。

 

 

記事でご紹介した会社も感染状況に応じて在宅勤務に戻すかもしれないとのこと。

当面、働く場所については手探り状況が続くかもしれないです。

 

 

***お知らせ***

こういう時だからこそ、「雇用調整助成金の支給申請手続き」でお役に立ちたいと考えています。

お問い合わせ・お申し込みは、こちらからお願いします