「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年4月1日

料金表を変更しました(税抜き価格に加えて、税込み価格を表示)。

2021年5月11日

ブログ(週休3日の議論は企業の主体性で)を更新しました。

2021年5月14日

ブログ(女性の雇用カーブは「L字」が課題)を更新しました。

2021年5月18日

ブログ(学び直しを給付金が後押し)を更新しました。

2021年5月24日

ブログ(変化に追いつかない在宅勤務)を更新しました。

2021年5月25日

ブログ(在宅勤務での仕事と生活の境目)を更新しました。

2021年6月1日

ブログ(失業率、4月2.8%に悪化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

労使協定書類の押印廃止

総務や人事のご担当の方は楽になると思います。

9月7日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

労使協定書類の押印廃止 厚労省、企業の業務効率化後押し

 

 

ここから

 

厚生労働省は2021年度から、残業時間に関する労使間の36協定(サブロク協定)など約40の企業の労働関係書類について押印の義務をなくす。テレワークが普及するなか、紙の行政書類に押印するために出社するといったケースがある。業務の効率化で企業の生産性を高める狙いだ。

 

裁量労働制に関する報告書などが対象になり、特に36協定が企業にとって影響が大きいと見込まれる。36協定の提出は労働基準法で定められており、19年の届け出件数は178万件に及ぶ。

 

押印を廃止する代わりに、書類に労働側と合意した事実をチェックする欄を設けることで、実効性を担保する。

 

労働基準法に関連する行政書類は電子申請が可能なものの、実際に利用している企業は数%にとどまる。依然として手続きが煩雑なためで、企業の生産性を高めるためには電子申請の利便性を高める見直しも同時に進めることが欠かせない。

 

ここまで

 

 

印鑑を押してもらうことだけのために、書類を郵送して、加えて返送のために切手を貼付した封筒を入れたりと煩わしいことが多々あります。

この押印という行為がないだけでも、煩わしさが相当解消するのではないでしょうか。

 

基本的には同じ事業所内の方の印鑑をもらうので、そこまで楽になるわけではないかもしれませんけどね。

 

 

記事の最後にもありますが、電子申請はお勧めです。

これは本当に楽です。

 

離職票の申請などは本当に楽です。

ハローワークへ行かなくて済みますし、24時間いつでも申請できます。

まだ対応していない会社があれば、ぜひ前向きにご検討されると良いです。