「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年2月12日

ブログ(給与総額が昨年1.2%減

を更新しました。

2021年2月17日

ブログ(シニア人材も成果主義)を更新しました。

2021年2月18日

ブログ(春の人事、コロナで縮小)を更新しました。

2021年2月25日

ブログ(「もっと働きたい」が25%増)を更新しました。

2021年3月2日

ブログ(休業支援金の執行1割のみ)を更新しました。

2021年3月5日

ブログ(就活解禁、対面戻る)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

ウェブ面接でのハラスメント

最近しばしば見かけられるウェブ面接においてもハラスメントが…。

9月15日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

ウェブ面接のハラスメント 防止に遅れ、対策急務に

 

 

ここから

 

「ウェブ面接の途中で『立ち上がってみてください』と言われました。これってハラスメントじゃないでしょうか?」。就活を終えた女子学生がそう聞いてきた。

 

予期せぬ指示だったが、一応その場で立ち上がったそうだ。後ろがすぐに壁で、それ以上後方に下がることはできず、画面には腰から上しか映らずに顔は切れた。パソコンの位置を調整するなど、ドタバタして気まずい感じで終わったそうだ。それが理由ではないだろうが、その会社とは縁がなく、「何の目的だったのか」と後から聞くこともできず、ずっと頭に引っかかっているという。

 

1次・2次面接を急きょウェブ面接に変更せざるを得ない会社が多かった今年、会社側も学生側も不慣れで、試行錯誤が続いた。そんな中、このような「ウェブハラスメント」と思えるような事例が発生している。他にも「会社側が複数でひそひそ話をしていて、こちらの答えを嘲笑しているような会話が聞こえて嫌だった」という報告もある。

 

そもそも「職業安定法」には「応募者の適性・能力とは関係ない事柄で採否を決定してはならない」と定められている。これはウェブ面接でも同じである。

 

パソコンで受ける面接でことさら「全身を映してください」と言うのは、ハラスメントにあたるであろう。ハラスメントという言葉は「いやがらせ」と解釈されるが、採用の場面では法律違反に相当する場合も多い。

 

ここまで

 

 

この「立ち上がってみてください」というのは何が目的だったのでしょうね?

記事の行間から察するに、セクシュアルハラスメントに近いのかも…。

 

 

かつてお世話になった会社で、対面の面接において、女性の応募者に「立ち上がって、向こうを向いてください」という面接官がいたと聞きます。

これは、アウトだと思います。

当時は、ハラスメントという言葉がなかった時代ですが、「そんなことしたら企業イメージが悪くなるだろうに」と思いました。

 

 

話しを元に戻しまして…

ウェブ面接だと顔を始めとした上半身だけしか分かりません。

身体全体からあふれるその人の個性みたいなものを確認したく、「立ち上がってみてください」と申し出ることは、私は少し分かるような気がします。

 

 

面接は長くて30分程度です。

この時間で合否を決めるのは難しく、会社側としてはいろいろな材料を集めたいものです。

 

私は募集要項で「あなたを最大限表現する写真を一枚添えてください」と取り決めたことがあります。

「応募者の適性・能力とは関係ない」と言われるとそれまでかもしれませんね。

その採用は接客部門でしたから、その人が持つ雰囲気などを確かめたいということが趣旨です。

 

面接の中で、「なぜ、この一枚にされたのですか?」という質問をしました。

この質問に対しては、応募者の方はリラックスして受け答えが出来ていました。

その人の特徴を少しでも掴むことに寄与したと思っています。

 

 

短い時間の中で、その人らしさみたいなものを掴む採用面接…本当に難しいと思います。