「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年11月11日

ブログ(労働時間1.7%減)を更新しました。

2020年11月12日

ブログ(シニア雇用、実力本位に)を更新しました。

2020年11月13日

ブログ(コロナ解雇の増加ペースが鈍化)を更新しました。

2020年11月17日

ブログ(在「車」勤務)を更新しました。

2020年11月20日

ブログ(大卒内定率69.8%)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

男性育休、企業に推奨義務

男性の育休取得が増えるかもしれません。

10月2日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

男性育休、企業に推奨義務 厚労省、法改正を検討

 

 

ここから

 

男性の育児休業の取得率を高めるため、厚生労働省は社員に取得を推奨することを会社に義務づける検討に入った。社員が育休の取得を求めれば会社は取得させる必要があるが、制度として会社は社員の希望を認めるのみの内容にとどまっている。法改正によって取得を積極的に促す制度に変え、低迷する取得率の底上げにつなげる。

 

厚労省は来年の通常国会に育児・介護休業法の改正案を提出する。男性も希望すれば育児休業を取得できる、といった内容を従業員に周知しなければならないと定める。社内向けのポスターやメールで伝えたり、上司が社員の意向を確認したりする必要がある。

 

違反した場合は労働局が指導する。罰則は科さないものの、厚労省の方針は会社が従業員との間でルールを決める際に与える影響が大きい。厚労省が法改正をともなう制度変更に乗り出すことで育休取得が増えるきっかけになる可能性がある。

 

ここまで

 

 

会社が「男性社員も育休を取得できる」ことを積極的に周知することが義務付けられそうです。

 

 

男性でも育休を取得できることは社会的に十分認知されていると思います。

この施策により、さらに社内で積極的に周知されると「取得してみようか」という機運は高まるかもしれませんね。

 

 

ただし、取得したくない男性に無理やり取得させることは避けてほしいです。