「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年4月1日

料金表を変更しました(税抜き価格に加えて、税込み価格を表示)。

2021年5月11日

ブログ(週休3日の議論は企業の主体性で)を更新しました。

2021年5月14日

ブログ(女性の雇用カーブは「L字」が課題)を更新しました。

2021年5月18日

ブログ(学び直しを給付金が後押し)を更新しました。

2021年5月24日

ブログ(変化に追いつかない在宅勤務)を更新しました。

2021年5月25日

ブログ(在宅勤務での仕事と生活の境目)を更新しました。

2021年6月1日

ブログ(失業率、4月2.8%に悪化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

余剰スペースで遠隔勤務

ある銀行で新たな働き方を模索し始めているようです。

9月29日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

みずほ、従業員25%を遠隔勤務に 支店の余剰スペース活用

 

 

ここから

 

みずほフィナンシャルグループは事務の効率化で生じる支店の空きスペースを使い、従業員が自宅近くで働けるサテライトオフィスを整える。まず2020年度中に首都圏9店舗で始め、将来は全国数十カ所に広げる。在宅勤務を含め、みずほ銀行とみずほ信託銀行、みずほ証券の本社に勤める約1万2千人の従業員25%を遠隔勤務を前提とした働き方に改める。

 

みずほ銀行は口座開設や振り込みといった来店客の取引内容を勘定系システムに直送するシステム運用を10月から始める。窓口の後方に控えた事務員が業務用の端末にデータを打ち直す手間をなくすことで、店舗内に生まれる余剰スペースをサテライトオフィスとして有効活用する計画だ。

 

ここまで

 

 

流行りの在宅勤務ですが、私生活と仕事の切り替えが難しいですとか、情報機器や通信ネットワークが整っていない等の問題があります。

 

 

この記事のような自宅近くの銀行内の空きスペースを使う遠隔勤務であれば、上記の問題は解消できることでしょう。

 

 

ただ、同じ銀行グループ内とは言え、たとえば本店勤務の人が家の近所の支店で働いたとしても、同じ部署の人とのコミュニケーションがとりにくいであるとか、チームで進める仕事の進捗状況を把握しづらい等の問題は残るかもしれません。

 

 

ただ、満員電車に揺られて通勤する必要がなくなることは喜ばしいことではないでしょうか。

 

この銀行に大学時代の後輩が居まして、数年前に会って話したところ、新幹線通勤で本店へ通っているとのこと。

それはそれで快適らしいのですが、これからは彼も家の近くの銀行内で働くという選択肢が出てくるのかと想像してしまいました。