「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年4月1日

料金表を変更しました(税抜き価格に加えて、税込み価格を表示)。

2021年4月6日

ブログ(女性「管理職」3割遠く)を更新しました。

2021年4月9日

ブログ(健保による「健康増進」が縮小)を更新しました。

2021年4月16日

ブログ(税・社保料 後払い2.8兆円)を更新しました。

2021年4月20日

ブログ(コロナ解雇10万人超)を更新しました。

2021年5月6日

ブログ(生涯現役 企業が備え)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

身体接触無くても労災認定

セクハラに対する労災認定について、一歩前進かもしれません。

10月23日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

上司のセクハラで労災認定 三菱UFJ信託子会社元女性社員に

 

 

ここから

 

三菱UFJ信託銀行の子会社「三菱UFJ代行ビジネス」(東京)に正社員として勤務していた20代女性が、上司にしつこく食事に誘われるなどのセクハラを繰り返されたことで精神障害になったとして、立川労働基準監督署が労災認定していたことが23日までに分かった。女性の代理人弁護士が都内で記者会見し明らかにした。認定は2019年2月。

 

蟹江鬼太郎弁護士は「身体接触のないセクハラで労災認定されたのは珍しい」としている。

 

弁護士らによると、女性は16年に入社。18年1月以降、上司の50代男性から何度も食事に誘われたり、誕生日に自宅の最寄り駅までつきまとわれプレゼントを渡されたりした。

 

「禁煙できたらご褒美の食事に行きたい」「こんな気持ちは家内と出会ってから初めて」などと記したメールも再三届いた。同年7月、不眠などの症状が出て「重度ストレス反応」と診断された。19年末に退職した。女性の相談を受けた会社側は上司を含む管理職に注意を促したが、その後も改善しなかったという。

 

ここまで

 

 

セクハラの業務災害について、身体的な接触がないとなかなか労災認定されないイメージを持っておりました。

このケースでは、そういった接触がないにもかかわらず労災認定されたものです。

 

 

このケースは、相当しつこかったのだと思います。

分かりかねますが、ご本人が精神障害になったことが、認定を後押ししたのかもしれません。

 

 

今後、会社としては身体的な接触がなくても、労災認定される可能性があることを肝に銘じておく必要があります。

労災認定されると、民事訴訟での被害者の言い分が通りやすくなります。

気を付けたいものです。