「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年7月25日、料金表を改定しました!!!
中小・零細企業様により便利にお安くサービスできるように、料金の見直しを行いました。
20210725横川社会保険労務士事務所料金表.pdf
PDFファイル 313.8 KB

2021年7月15日

ブログを更新しました。

タイトル:「コロナ夏」在宅勤務のコツ

2021年7月16日

ブログを更新しました。

タイトル:コロナで解雇11万人超

2021年7月28日

ブログを更新しました。

タイトル:最低賃金3%上げで930円(2021年度)

2021年8月3日

ブログを更新しました。、

タイトル:雇用調整助成金が失業率を抑制

2021年8月5日

ブログを更新しました。

タイトル:雇用保険料、2022年度に引上げへ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

10月の失業率が3.1%に悪化

雇用情勢がじわじわ厳しくなってきています。

12月1日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

失業率3.1%に悪化 10月 求人は1.04倍 雇用なお厳しく

 

 

ここから

 

総務省が1日発表した10月の完全失業率(季節調整値)は3.1%で、前月比0.1ポイント上昇した。2カ月ぶりに悪化し、2017年5月以来の水準となった。厚生労働省が同日発表した10月の有効求人倍率(季節調整値)は1.04倍で前月から0.01ポイント上昇した。1年6カ月ぶりに上昇に転じたものの1倍を割る地域が多い。雇用情勢は依然として厳しい。

 

ここまで

 

 

 

10月の数値ですが、完全失業率は前月比0.1ポイント上昇、つまり悪化。

 

有効求人倍率は前月比で0.01ポイント上昇、こちらは改善。

 

ただし、この有効求人倍率は1倍を割る地域もあります。

つまり、求人数に比べて求職者数の方が多いわけで、就職しづらい状態です。

都市部の方が、有効求人倍率が低い傾向にあるようです。

私が住む神奈川県は0.87倍と全国の中でもかなり低いですし、東京も0.90と低いです。

 

 

昨日も書きましたが、雇用調整助成金の特例が来年2月末まで延長されました。

この特例措置は今年4月から継続されており、これまでの雇用情勢のさらなる悪化を防止してきていると思います。

今後も、雇用情勢悪化の防波堤になってくれることを期待します。