「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年2月12日

ブログ(給与総額が昨年1.2%減

を更新しました。

2021年2月17日

ブログ(シニア人材も成果主義)を更新しました。

2021年2月18日

ブログ(春の人事、コロナで縮小)を更新しました。

2021年2月25日

ブログ(「もっと働きたい」が25%増)を更新しました。

2021年3月2日

ブログ(休業支援金の執行1割のみ)を更新しました。

2021年3月5日

ブログ(就活解禁、対面戻る)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

在宅手当、企業の12%が新設

在宅勤務が広がることで、新たな手当を新設する会社が増えつつあるようです。

12月10日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

在宅手当、企業の12%新設 9月調査、柔軟な働き方対応

 

 

ここから

 

在宅勤務など新しい生活様式が広がり、企業の福利厚生施策にも変化が表れている。パーソル総合研究所(東京・千代田)が実施した「福利厚生実態調査」によると、在宅勤務手当の新設が「確定」している企業は12.5%だった。新型コロナウイルスの感染拡大による柔軟な働き方に合わせた福利厚生の提供が進んでいる。

 

調査は9月初旬に人事担当者などを対象に実施した。在宅勤務手当の新設について「検討中」とした回答と合わせると23.9%に達した。従業員の規模別に見ると、10~99人は12.4%、100~1999人は25.4%、2000人以上は38.5%で規模が大きくなるほど新設する傾向があった。一方、通勤手当の廃止や縮小を「確定」または「検討中」としたのは37.6%となった。

 

ここまで

 

 

 

在宅勤務をすると、水道光熱費や通信費などをどう負担するかという問題が生じます。

実費精算することは現実的ではないでしょうから、一律〇万円という形で在宅手当を支払うことが多いです。

ちなみに、別に会社が支給する義務はないと思います。

 

 

一方で、会社に出社する回数が減るため、通勤費として定期代を支給していたところ、逆に実費精算に切り替える会社も出てきているようです。

 

 

ご存知の通り、時間外労働(残業)、深夜労働、休日労働をした場合、会社は割増賃金を支払う必要があります。

この時間単価計算の際、算定基礎から通勤手当は排除することができます(例外はありますが…)。

一方、在宅手当は算定基礎に含まざるを得ないと思います。

会社としては、割増賃金支給の際には時間単価が上がりコストアップとなるかもしれませんね。

大きな額にはならないと思いますけど…。

 

 

余談ですが、在宅勤務で労働者個人が何かを持ち出しする場合があります。

たとえば、通信のための費用を労働者個人に負担させる場合など…。

 

この場合、労働基準法第89条に注意する必要があります。

この条には、就業規則に何を定めなければならないかが書かれています。

 

具体的な規定は、以下の通りです。

五 労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項

 

つまり、会社が労働者に何か負担させる場合、就業規則に定める必要があります。

ここはきちんと整理しておく必要があると思います。

 

 

今日、一都三県に明日からの緊急事態宣言が発令されました。

この在宅勤務がまた増えてくることと思いますが、ここを乗り切りましょう!