「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2022年10月27日

ブログを更新しました。

タイトル:テレワーク女性の就業時間伸びる

2022年10月28日

ブログを更新しました。

タイトル:出産育児一時金、来年度から5万円増へ

2022年11月11日

ブログを更新しました。

タイトル:年金積立金運用が赤字(2022年第3四半期)

2022年11月22日

ブログを更新しました。

タイトル:ベア中心で賃上げを

2022年11月30日

ブログを更新しました。

タイトル:2023年「賃上げ春闘」の死角

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

一部の大企業も雇調金全額に

雇用調整助成金について、一部の大企業にはありがたいお話しです。

1月9日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

大企業も雇調金全額に 厚労相が表明

 

 

ここから

 

田村憲久厚生労働相は8日、雇用調整助成金の助成率を一部の大企業について最大100%に引き上げると表明した。緊急事態宣言が発令された東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県で、営業時間短縮や休業を選択する事業主を対象とする。

 

飲食業や劇場、テーマパークなどの業種に適用する。厚労省は特例で雇調金の支援措置を拡充してきた。中小企業の助成率は最大100%に引き上げたが、大企業は最大4分の3にとどめている。

 

ここまで

  

 

会社が労働者に休業手当を支給した際、その補填として会社が受給できるのが雇用調整助成金です。

ただし、大企業は現在のところ、全額が助成されているわけではありません。

 

 

そこで、一部の大企業への助成率を最大4分の3から、中小企業と同じく最大100%に引き上げようというものです。

対象は、1都3県での飲食業や劇場、テーマパークなどの業種です。

浦安にある夢の国も、この対象となるのでしょう。