「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2022年10月27日

ブログを更新しました。

タイトル:テレワーク女性の就業時間伸びる

2022年10月28日

ブログを更新しました。

タイトル:出産育児一時金、来年度から5万円増へ

2022年11月11日

ブログを更新しました。

タイトル:年金積立金運用が赤字(2022年第3四半期)

2022年11月22日

ブログを更新しました。

タイトル:ベア中心で賃上げを

2022年11月30日

ブログを更新しました。

タイトル:2023年「賃上げ春闘」の死角

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

週休3日制を選べるようになるかも

企業の正社員が週休3日制を選べるようにすることを自民党で検討しているようです。

1月15日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

週休3日、選べるように 自民本部長が試案

 

 

ここから

 

自民党の一億総活躍推進本部(猪口邦子本部長)は14日の会合で、企業の正社員が週休3日制を選べるようにする本部長試案を示した。子育てや介護、副業などに取り組みやすい環境の整備を目指す。

 

希望者が理由に関わらず週休3日制を選択できる内容を盛り込んだ。中小企業に広がらない可能性があるとみて奨励金創設の必要性も訴えた。

 

新型コロナウイルスの感染対策で在宅勤務など新しい働き方が注目される。試案は提案理由として「柔軟な労働環境や就労形態への対応力が内在する」と説明した。

 

少子化対策だけでなく、休日の地方滞在を促し地方創生にもつながると指摘した。

 

新型コロナの感染拡大を受けて週休3日制を導入した企業もある。試案は「給与は週休3日で2割削減の事例がある」と紹介した。同本部は議論やヒアリングを進め、政府への提言をまとめる。

 

ここまで

 

 

 

労働時間や仕事をする場所について、働き方が多様化しています。

この記事は、労働時間に関するものです。

 

 

ほとんどの企業で週休2日制が定着していますが、それをもう1日増やそうというものです。

すでに週休3日制を導入している企業も稀に散見されます。

この試案では、制度を持っていない会社で正社員が選択できるようにするということのようです。

 

 

現行の労働基準法でも、週休3日制を導入することは可能です。

変形労働時間制という制度を用いれば、たとえば週5日×8時間の勤務を週4日×10時間の勤務にすることができます。

 

 

この試案では、「給与は週休3日で2割削減の事例がある」と紹介されているようなので、週5日×8時間の人が週4日×8時間にするという選択ができるということかもしれません。

 

 

週休3日になっても、生産性が向上することでその人の仕事が完結できれば問題ないですけど、これによって1日分の欠員が出るようだと、特に中小企業には厳しいかなぁというのが第一印象です。