「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年4月1日

料金表を変更しました(税抜き価格に加えて、税込み価格を表示)。

2021年5月11日

ブログ(週休3日の議論は企業の主体性で)を更新しました。

2021年5月14日

ブログ(女性の雇用カーブは「L字」が課題)を更新しました。

2021年5月18日

ブログ(学び直しを給付金が後押し)を更新しました。

2021年5月24日

ブログ(変化に追いつかない在宅勤務)を更新しました。

2021年5月25日

ブログ(在宅勤務での仕事と生活の境目)を更新しました。

2021年6月1日

ブログ(失業率、4月2.8%に悪化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

春の人事、コロナで縮小

新型コロナが人材戦略に影響を及ぼしているようです。

2月16日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

春の人事、コロナで縮小 大手金融、人材戦略に難題 転居後に自宅待機要請も

 

 

ここから

 

大手金融機関が春の定期異動に苦慮している。4月に国内外の人員配置を一挙に見直すのが慣例だが、長引く新型コロナウイルス禍で従業員を動かしにくい。日本生命保険など大手生損保は異動の縮小や待機措置をとる方針。三井住友信託銀行も異動の抑制を検討中だ。企業の資金繰りが厳しい状況が続く中で、折衝が滞るリスクに配慮する面もあり、各社は難しい判断を迫られている。

 

ここまで

 

 

 

金融業界では、取引先の担当を変更することは資金繰りが厳しい会社相手にどうなのかという観点で春の定期人事異動に苦慮しているということです。

金融業界ならずとも、コロナ禍で社員の健康を守るという意味合いで、転居を伴う人事異動はお預けになることが多いのではないでしょうか。

 

 

海外への人事異動ですとか、あるいは国内でも感染リスクの低いエリアから高いエリアへの異動は慎重にならざるを得ないでしょう。

これらの逆パターンの異動でも、受け入れ側にとっては悩ましいことでしょう。


 

そういうことを考えると、人事異動の規模を縮小することも理解できます。

そもそも、リモートワークが広まることで、人事異動自体が減少する傾向にあるのかもしれませんが…。

 

 

ワクチンの接種が開始されましたから、1年後とか今年末あたりには本来規模の人事異動を実施できるかもしれません。

いまの時期は最低限の人事異動だけを実施して、来るべき時のために準備をしておく会社が増えてくるのではないでしょうか。

 

 

2~3年前は4月の転勤は引っ越し業者の手が回らないため、予約できない、あるいは引っ越し代金が高額になるという事例が多くありました。

この部分でも、今年は様変わりしそうです。