「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2021年9月21日

ブログを更新しました。

タイトル:断食×仕事×旅ですっきり

2021年10月6日

ブログを更新しました。

タイトル:ワクチン義務化「検討・課題」の会社26%

2021年10月7日

ブログを更新しました。

タイトル:週休3日制で学び直しの支援も

2021年10月12日

ブログを更新しました。

タイトル:年金通知書、97万件誤送付

2021年10月14日

ブログを更新しました。

タイトル:若手社員の79%がテレワークに悩み

2021年10月21日

ブログを更新しました。

タイトル:新入社員はチャレンジ精神が足りない?

2021年10月22日

ブログを更新しました。

タイトル:2020年度は健保組合の3割が赤字

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性「管理職」3割遠く

会社内における女性の管理職登用が進んでいないようです。

4月1日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

女性「管理職」3割遠く 男女平等、日本120位

 

 

ここから

 

世界経済フォーラム(WEF)が3月31日に発表した各国の男女平等の度合いを示す「ジェンダー・ギャップ指数」で日本は156カ国中120位だった。前回(121位)同様、先進国で最低水準だった。いつまでも浮上しない日本の課題はどこにあるのか。

 

安倍晋三政権が女性の活躍を成長戦略の柱に掲げたのは2013年。当時のランキングは136カ国中105位だった。20年までに女性リーダーを3割にするという目標を立てたが、男女共同参画白書(20年版)によると、企業では管理的職業従事者に占める女性の割合は直近で14.8%。米国(40.7%)、ノルウェー(34.5%)に比べ見劣りする。

 

働く女性は非正規雇用が半分以上を占め、賃金は男性の4分の3程度にとどまる。経済分野の評価は117位と前回から2つ順位を落とした。管理職の女性比率(139位)や勤労所得の男女差(101位)が足を引っ張る。

 

ここまで

 

 

 

前政権が女性リーダーを3割にするという目標を立てながら、現状では約15パーセントと半分にも達していないとのことです。

 

 

私が企業勤めをしていた頃、多くの女性が管理職になりたがっていなかったような気がします。

責任が重くなりますし、労働時間も長くなりがちです。

そんなことで、全く昇進する気のない女性が多かったように思います。

一方で、管理職に登用されたら、見違えるようにバリバリ働く女性もいたことも事実です。

 

これらは、2010年頃までのお話しです。

最近は、少しずつではありますが労働時間が短くなりつつありますから、女性がリーダーとして活躍できる環境が整いつつあるのではないでしょうか。

 

 

昨今、オリンピック組織委員会で女性を蔑視する発言があったことは記憶に新しいところです。

懲りずに、その後も政治家パーティーでまたまた同じような蔑視発言をしました。

女性がリーダーとして活躍しづらい背景には、一部の男性があのような価値観を持っていることによる影響もあるのろうと思います。