「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年7月15日

ブログを更新しました。

タイトル:GPIF、10兆円黒字

2022年7月19日

ブログを更新しました。

タイトル:インフレ手当

2022年8月2日

ブログを更新しました。

タイトル:節電サマータイム

2022年8月5日

ブログを更新しました。

タイトル:最低賃金31円上げへ(2022年度)

2022年8月9日

ブログを更新しました。

タイトル:コロナ支援金の調査甘く

2022年8月12日

ブログを更新しました。

タイトル:マイナ保険証、窓口負担減へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

出社時よりもテレワークの方が残業長い

テレワークに関する残業のお話しです。

4月20日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

テレワーク残業、出社よりも長く パーソル総研調査

 

 

ここから

 

在宅勤務などテレワークの会社員と出社する会社員を比較したところ、新型コロナウイルスの感染拡大後に、テレワークの方が残業時間が長い傾向があることが分かった。パーソルホールディングス傘下のパーソル総合研究所が19日に調査結果を公表した。在宅を中心とした勤務はメリハリがつきにくく、生産性向上が課題になることが浮き彫りとなった。

 

パーソル総研が新型コロナ禍の前後で残業時間の増減を調べた。テレワーク勤務者は月間平均で3時間減の15.3時間だった一方、出社者は2.6時間減の13.1時間となった。

 

もっとも、新型コロナ禍をきっかけとした働き方改革は一定の労働環境改善にはつながっている。テレワーク勤務者で「残業なし」との回答は27.4%とコロナ前から7.8ポイント増加。残業時間が「10時間以上45時間未満」との回答は10.4ポイント減の40.1%だった。

 

ここまで

 

 

民間の調査結果によりますと、社に出社して残業する時間よりも、テレワークで残業する時間の方が長いそうです。

テレワーク勤務者の残業時間は月間平均で15.3時間、出社者は13.1時間だったそうです。

言い方が悪いかもしれませんけど、テレワークですと長い時間ズルズルと仕事をしてしまうのですかね。

 

 

それにしても、この15時間とか13時間って、物凄く残業時間が短いように思います。

1日当たり、1時間も残業していない計算になりますからね。

働き方改革の成果が出つつあるのでしょうか…。