「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2021年8月30日

ブログを更新しました。

タイトル:社員に原則ワクチン接種を

2021年9月3日

ブログを更新しました。

タイトル:「のぞみ」にテレワーク車両

2021年9月7日

ブログを更新しました。

タイトル:就業時間内は全面禁煙へ

2021年9月9日

ブログを更新しました。

タイトル:医療費、最大の1.4兆円減

2021年9月13日

ブログを更新しました。

タイトル:皆勤手当など導入企業減る

2021年9月16日

ブログを更新しました。

タイトル:バイト時給1.4%高

2021年9月17日

ブログを更新しました。

タイトル:基礎年金の水準低下抑制

2021年9月21日

ブログを更新しました。

タイトル:断食×仕事×旅ですっきり

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

学び直しを給付金が後押し

最近よく聞く言葉の「リカレント教育(学び直し)」を、国がお金で後押ししています。

5月8日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

学び直し、給付金が後押し 専門職育成、年56万円も

 

 

ここから

 

スキルアップをめざし、学び直し(リカレント教育)を考える社会人が増えている。文部科学省が対応する講座や課程を設けるよう大学を支援するなど、環境の整備も進む。一方で教育機関に通うには費用がハードルになりやすい。公的な給付金や価格の低い手段を使い、効率良く目標を実現したい。

 

早稲田大学が他大学や企業と連携して2018年に始めた「スマートエスイー」プログラム。AI(人工知能)やビッグデータなどの最新技術を学ぶ講座で、実務経験を持つ約30人の社会人が学ぶ。費用は半年間で約60万円だが、実質的な負担は半分程度で済むことがある。講座が「教育訓練給付制度」の対象のためだ。自費で受講する人の2割程度が利用しているという。

 

教育訓練給付制度とは資格取得などを支援する仕組みで、雇用保険に加入していれば利用できる。厚生労働省が指定した大学や大学院、専門学校、資格学校などの講座を修了すると給付がある。

 

ここまで

 

 

雇用保険に入っている人は、「教育訓練給付」を利用することで、通信教育や大学における講座を学ぶことができる場合があります。

厚生労働省の指定があるものに限られますけど…。

 

 

受講する講座などにより、「一般教育訓練給付」、「特定一般教育訓練給付」、「専門実践教育訓練給付」の3種類が用意されています。

大雑把ですが、後に行くほど専門性が高いものです。

それだけ費用が高いため、給付金の額も高くなります。

 

 

コロナ禍で、解雇されないものの休業手当を支給され仕事ができない人、在宅勤務で通勤時間が無くなった人に良いかなと思います。

よろしければ、ご検討されてみてはいかがでしょうか(教育訓練給付制度)。