「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年7月25日、料金表を改定しました!!!
中小・零細企業様により便利にお安くサービスできるように、料金の見直しを行いました。
20210725横川社会保険労務士事務所料金表.pdf
PDFファイル 313.8 KB

2021年7月1日

ブログを更新しました。

タイトル:国民年金の保険料、免除・猶予が最多

2021年7月14日

ブログを更新しました。

タイトル:協会けんぽの黒字最高

2021年7月15日

ブログを更新しました。

タイトル:「コロナ夏」在宅勤務のコツ

2021年7月16日

ブログを更新しました。

タイトル:コロナで解雇11万人超

2021年7月28日

ブログを更新しました。

タイトル:最低賃金3%上げで930円(2021年度)

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

国民年金の保険料、免除・猶予が最多

コロナ禍に伴い、国民年金の納付にも影響が出てきているようです。

6月28日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

国民年金の保険料、免除・猶予が最多
昨年度、納付率は71.5%に上昇

 

 

ここから

 

厚生労働省は28日、2020年度の国民年金保険料の納付率が71.5%だったと発表した。前年度比2.2ポイント上昇し、9年連続で改善した。ただ低所得などを理由に保険料を全額免除・猶予されている人は609万人と前年度から26万人増えて、過去最多だった。新型コロナウイルスの感染拡大による経営環境の悪化が影響したとみられる。

 

全額免除・猶予を受けている人は13年度の606万人が最多で、それ以降は580万人前後が続いていた。厚労省はコロナで収入が大幅に減った人の保険料支払いを免除しやすくする特例措置を設けている。

 

納付率は納付対象月数に対する納付月数の割合を計算し、全額免除・猶予者は対象に算入していない。こうした人も含めた納付率は40.7%まで下がる。このほか所得水準に応じて保険料を減額されている一部免除者が20年度末には36万人いる。免除を受けると将来に受け取る年金額が減る。

 

年金保険料は過去2年さかのぼって納付できる仕組み。18年度の最終的な納付率は77.2%と8年連続で上昇した。

 

ここまで

 

 

この納付率71.5%はわりと高い数字だと思います。

将来のために納めておかないと、痛い目に遭いますからね。

 

 

収入が下がると、その水準に応じて保険料納付の免除を受けたり、一時的に猶予を受けられる制度があります。

その制度を利用する方が増えているそうで、609万人もいるとのことです。

 

この免除・猶予の制度を受けている人をも含めた納付率は40.7%だそうです。

こちらが本来の納付率のような気が致します。

 

 

いま免除や猶予を受けている人は、その後2年間に限って後払いすることができます。

この先の社会情勢がどうなるかは分かりませんが、お金に余裕ができたら、将来もらえる年金を増やすために後払いを考えると良いと思います。