「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2021年9月21日

ブログを更新しました。

タイトル:断食×仕事×旅ですっきり

2021年10月6日

ブログを更新しました。

タイトル:ワクチン義務化「検討・課題」の会社26%

2021年10月7日

ブログを更新しました。

タイトル:週休3日制で学び直しの支援も

2021年10月12日

ブログを更新しました。

タイトル:年金通知書、97万件誤送付

2021年10月14日

ブログを更新しました。

タイトル:若手社員の79%がテレワークに悩み

2021年10月21日

ブログを更新しました。

タイトル:新入社員はチャレンジ精神が足りない?

2021年10月22日

ブログを更新しました。

タイトル:2020年度は健保組合の3割が赤字

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

ワクチン義務化「検討・課題」の会社26%

ワクチンの接種を義務化する会社が出てくるやも?

10月4日の日経朝刊からご紹介します。

 

 

ワクチン義務化「検討・課題」26%

 

 

ここから

 

企業活動を正常化するにはワクチン接種率の引き上げが重要になる。職域接種を実施する企業は97.9%にのぼるが、従業員の7割以上が接種を終えた企業は26.8%にとどまった。3割弱の経営者は「接種はまだ不十分」との認識を示す。

 

欧米を中心に従業員に接種を義務付ける動きが出てきた。日本の現行法では企業は接種を強制できず、未接種の従業員に対して本人の不利益にならない範囲で配置転換をするにとどまる。

 

接客業などで従業員や顧客の感染リスクの抑制が期待され、義務化を「検討している」企業は1.4%、「今後の検討課題とする」企業は25.0%だった。帝人は「数千人の従業員がいる米国での対応を検討中だ。欧州や日本でも対応について調査している」という。

 

ここまで

 

 

記事にある「職域接種を実施する企業は97.9%にのぼる」と書かれているのは、このアンケートが大企業向けのものですので、そういった高い実施率になっているのだと思います。

 

 

ご存知のように、日本の法律ではワクチン接種を強制できません。

実際、知り合いにも「絶対、接種は受けない」と言う人もいます。

 

 

接客業の中では、接種を義務化する動き(検討している会社、または今後検討課題とする)が徐々に出てきているようです。

医学的なことはよく分かりませんが、私は2度接種を受けたから、もしも新型コロナに罹っても重症にはならないだろうと安心しています。

 

なかには、副反応などを嫌う人もいるでしょうから、義務という強制までできるかどうかは一つのポイントだと思います。

法律がない中で、企業が義務化することは難しいと思います。

ただ、私は接客を受ける際、きちんと接種を受けている人の方が安心できます。

 

 

話はズレますが…

最近読んだ本では、とにかく換気が大切らしいです。

ラーメン屋や焼肉屋は換気設備が整っているので、大きな声でしゃべらない限り安心だと書かれています。

一般的には、地下にあるお店は要注意だそうです。

そういう場所では、強力な空気清浄機があればまだしも、無かったらちょっと…。

 

 

緊急事態宣言が解除されて、まもなく1週間が経とうとしています。

また陽性反応者や重症患者が増えて元の木阿弥にならないよう、いまが一番大切な時期だと思います。