「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2022年10月27日

ブログを更新しました。

タイトル:テレワーク女性の就業時間伸びる

2022年10月28日

ブログを更新しました。

タイトル:出産育児一時金、来年度から5万円増へ

2022年11月11日

ブログを更新しました。

タイトル:年金積立金運用が赤字(2022年第3四半期)

2022年11月22日

ブログを更新しました。

タイトル:ベア中心で賃上げを

2022年11月30日

ブログを更新しました。

タイトル:2023年「賃上げ春闘」の死角

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

9月は求人倍率が上昇

雇用統計のお話しです。

10月29日の日経夕刊からご紹介します。

 

 

求人倍率1.16倍に上昇 9月、失業率は横ばい2.8%

 

 

ここから

 

厚生労働省が29日発表した9月の有効求人倍率(季節調整値)は1.16倍となり、前月を0.02ポイント上回った。上昇は2カ月ぶり。人手不足の製造業や建設業などで新たな働き手を求める動きが出た。総務省が同日発表した9月の完全失業率(同)は2.8%で前月から横ばいだった。

 

有効求人倍率は仕事を探す人1人に対し、何件の求人があるか示す。9月の有効求人数が前月に比べ0.9%増えた一方、有効求職者数は0.2%減ったため、倍率が上がった。

 

新規求人(原数値)は前年同月比6.6%増加した。産業別では製造業が32.4%増、建設業が5.7%増だった。新型コロナウイルスの影響で時短営業などを強いられた宿泊・飲食サービス業は7.5%減少した。

 

完全失業者数は192万人で、前年同月比18万人減少した。減少は3カ月連続となる。

 

ここまで

 

 

製造業や建設業で求人が増えているそうです。

と言いながら、この記事の右上に掲載されていた記事の見出しは、「鉱工業生産5.4%低下 9月 車の大幅減産響く」でした。

製造業の生産は下がりながらも、求人は増えている…。

 

 

日曜日の朝刊では、「企業、業績回復で格差 3割上振れ 1割下振れ」という見出しの記事があり、上振れは電機や機械といった業種に多いそうです。

決算では、一部の製造業は好調のようです。

 

 

大手の製造業では、半導体などの供給体制が滞っているため、モノを製造したくても製造できない状態にあります。

それと、東南アジアなどの工場では、コロナのため稼働力が落ちているそうです。

 

 

半導体などの供給体制が戻り、発展途上国におけるコロナがある程度収まると、製造業はさらに好転しそうですね。

それを先取りして、稼働体制を整えるために求人が増えているのでしょうか。

上記の統計や動きには、タイムラグもあるでしょうし…。

 

 

何はともあれ、働く場所があることは良いことです。