「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2021年8月25日、報酬表を改定しました!
中小企業様のお役に立てるよう、さらに報酬を見直しました。
2021年8月25日現在報酬表.pdf
PDFファイル 322.9 KB

2022年7月15日

ブログを更新しました。

タイトル:GPIF、10兆円黒字

2022年7月19日

ブログを更新しました。

タイトル:インフレ手当

2022年8月2日

ブログを更新しました。

タイトル:節電サマータイム

2022年8月5日

ブログを更新しました。

タイトル:最低賃金31円上げへ(2022年度)

2022年8月9日

ブログを更新しました。

タイトル:コロナ支援金の調査甘く

2022年8月12日

ブログを更新しました。

タイトル:マイナ保険証、窓口負担減へ

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

インフレ手当

昨今の経済状態にマッチした手当を支給する会社のご紹介です。

7月14日の日本経済新聞朝刊からご紹介します。

 

 

サイボウズ、「インフレ手当」支給 国内は最大15万円

 

 

ここから

 

サイボウズは13日、「インフレ特別手当」を社員に支給すると発表した。契約社員などを含め、直接雇用する社員に7~8月の間に特別一時金として支払う。国内勤務者への支給額は6~15万円で、1カ月当たりの勤務時間によって変わる。

 

海外勤務者はインフレ状況や税金などを加味して現地で金額を決める。半年ごとに給与改定している一部の海外拠点は対象外とした。

 

電気代や食料品などの価格が上昇するなかで、社員が生活に不安を抱かず業務を行えるよう支給を決めた。同社は基本的に毎年1月に給与を改定しているが、インフレに早急な対応が必要と判断した。

 

ここまで

 

 

先日の参議院議員選挙で、国民民主党が「インフレ手当」の支給を公約に掲げていましたね。

その際、「原資はどうするの?」と素朴に思いました。

 

 

この会社では、特別一時金として、1ヵ月あたりの勤務時間によって差をつけて支払うこととしているそうです。

原資がある会社はこういったことができるわけですね。

 

 

一時金として支払うことで、時間外手当の計算基礎になりません。

ただし、社会保険料と雇用保険料、税金はかかります。

また、同一労働同一賃金を考えた場合、所定労働時間で差をつけることは分かりやすいと思います。

よく考えられていると思います。

 

 

同社における基本給の改定は1月だそうです。

賞与制度があるとしたら、6月あたりに支払い済みなのかもしれません。

そこで、谷間となる7~8月に支給しようということになったのかもしれません。

優しい良い会社だというイメージを持ちました。