「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年6月25日

ブログ(在宅勤務、7割が「効率低下」)を更新しました。

2020年7月1日

ブログ(休業で社会保険料軽減)を更新しました。

2020年7月2日

ブログ(求人倍率が46年ぶりの下げ幅)を更新しました。

2020年7月6日

ブログ(派遣社員も在宅拡大)を更新しました。

2020年7月7日

ブログ(大手企業でオフィス面積を半減へ)を更新しました。

2020年7月10日

ブログ(個人向け休業給付、10日申請開始へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

キャリア形成、雇用保険で

働く人が、そのスキルや知識を向上できる制度のご紹介です。
11月12日の日経朝刊から抜粋します。


キャリア形成、雇用保険で 専門資格拡充/働く人も対象

 

 

ここから

 

資格を取得したり、専門知識を身に付けたりしてキャリアアップにつなげたいと考える人は多いだろう。そんなときに活用したいのが公的な支援制度。

資格学校などの受講費用の一部を補助する教育訓練給付金が10月から拡充され、最大で年48万円を受け取れる仕組みが始まった。
雇用保険に一定期間加入している人が対象で、在職中でも利用できる。上手に活用するポイントをまとめた。


雇用保険には資格取得のため専門学校などに通う人を対象に受講費の一部を援助する教育訓練給付金制度がある。

同制度に10月から新たに「専門実践教育訓練給付金」が加わった。従来の給付金に比べ、より仕事に直結する資格や高度な技能・知識を得ることを促すのが特徴だ。


これまでの給付金は利用者が支払った受講費の20%、最大10万円を1回受け取る仕組みだった。

「専門給付金」は訓練期間が最大3年で、受講費の40%、最大年32万円を支給する。在職者は資格を取得すれば、離職者は取得後1年以内に就職すれば、受講費の60%、最大年48万円を受け取れる。

 

ここまで

 


私の仕事である社会保険労務士も、わりと人気がある資格です(手前味噌ですいません)。
そんな資格を取得する場合、通信教育や資格のための専門学校への通学をする人が多いと思いますが、その費用に対して一定の補助が出る場合があるというものです。

 


10月から、これまでの「教育訓練給付金」が、「一般教育訓練給付金」に様変わりし、それとは別に「専門実践教育訓練給付金」というものが出来ました。

 


後者の方は、いろいろと手続きが複雑な感じがします。
一方で、前者の方は、手続が簡単です。結構、使えると思いますよ。

 


ちなみに、私は前者の制度で、「第一種衛生管理者」の資格を取得しました。
通信教育講座でして、そんなに高価な講座ではありませんでしたが、給付金をもらえたおかげでお得感ありでした。

 


これらの給付金は、毎月お給料から引かれている雇用保険料が財源です。
払った保険料を取り戻す(?)ためにも、いまからの寒い時期にスキルアップをしてみませんか?

 


詳しい概要は、こちら(厚生労働省ホームページ)です。
いろいろな要件がありますから、制度をお使いの前にはご一読ください。