就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

王将フード、ベア1万円

外食産業における人材の確保が大変な模様です。
12月13日の日経朝刊から抜粋します。

 


王将フード、ベア1万円 人材確保へ2年連続

 

 

ここから


「餃子の王将」を運営する王将フードサービスは2015年の春季労使交渉で、従業員の基本給を月1万円程度引き上げるベースアップ(ベア)を実施する方針を固めた。


1万円規模のベアは2年連続となる。
外食産業では人手不足が強まっており、待遇改善を進めることで、優秀な人材確保につなげる。


王将は今春、労組の要求額の4倍となる月1万円のベアを実施した。
初任給も1万円引き上げるなどした結果、新入社員の離職率が大幅に下がった。

 

ここまで

 


来春の連合のベースアップの要求が2%以上であることを、12月9日のブログでお知らせしました(→ここ)。

 


この会社の給与水準がどれぐらいかは分かりませんが、1万円のベースアップとは驚きです。
平均給与が30万円だったとして、1万円のベースアップは、3.3%となるわけで、連合の要求を軽くクリア…。

おそらく、これ以外にも定期昇給もあることでしょう。

 

それぐらい外食産業の人材確保が厳しいのでしょう。

儲かっているから出せるのでしょうが、儲かっていない会社ではここまでのベースアップは難しいでしょうね。

 


川崎市内の個人の中華料理屋さんの人材募集の貼り紙なんて「時給 850円から」と書かれています。
神奈川県内の最低賃金は「887円」です。

 

最低賃金のお給料を出せないほど経営が厳しいのか…。
それとも、最低賃金法なるものを知らないのか…。

 

相当の「差」を感じました…。