就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

社会保険料の決定、4~6月の収入で

社会保険料の決定に関する仕組みについての解説です。
4月15日の日経朝刊から抜粋します。


社会保険料の決定、4~6月の収入で

 


ここから


健康保険料や厚生年金保険料など社会保険料は、月収の額に応じて決まる標準報酬月額をもとに計算する。

例えば月収が23万円以上25万円未満なら標準報酬月額は24万円だ。

4~6月の月収の平均から標準報酬月額を計算し、9月以降の1年間の保険料を出す。


このため4~6月の残業を減らして月収を少なくすれば、社会保険料を抑えることはできる。

厚生年金保険料は会社と折半なので標準報酬月額が増えれば会社もその分多く出すことになり、結果的に将来の年金給付が増える。

 

ここまで

 

 

記事に書いている通りでございまして…
9月から翌年8月までの社会保険料は、4~6月までの平均月収から標準報酬月額というものを割り出します。

 


「年度初めは、残業を減らした方がいいぞ」なんてアドバイスをする先輩はいらっしゃいませんか?

 

平均月収には残業代も含まれるため、その残業代を減らせば社会保険料も減るという目論見(もくろみ)によるものです。

 


ただ、厚生年金保険料は多く納めておくと、将来たくさんの老齢厚生年金をもらえます。

一方、健康保険料は病気にかかろうがかかるまいが、掛け捨てです。

 

 

4~6月の残業は抑え目にした方が得なのか損なのか…どっちなのでしょうね。

一般に、年度末・年度初めは忙しいですから、残業のコントロールなんてなかなかできないですよね…。