就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

過労死防止へ数値目標

まだ案の段階ですが、政府が過労死を防止するための数値目標を検討しています。
4月7日の日経朝刊から抜粋します。


過労死防止へ数値目標 厚労省労働時間や休暇取得率

 


ここから


厚生労働省は6日、過労死や過労自殺を防ぐために国が取るべき対策をまとめた大綱の骨子案を公表した。


労働時間の削減や休暇取得率について数値目標を定めたほか、過労死の発生要因を探るために長期的な追跡調査を進めることなどを盛り込んだ。


骨子案は、過労死防止は喫緊の課題として、「将来的に過労死をゼロにすることを目指す」と明記。(1)2020年までに週当たり労働時間60時間以上の労働者割合を5%以下にする
(2)2020年までに年次有給休暇取得率を70%以上にする
(3)2017年までにメンタルヘルス対策に取り組む事業者割合を80%以上にする
――との数値目標を掲げた。

 

ここまで

 

 

具体的な目標としての数字は、記事にある三つだそうです。

 

 


(1)については…

現在のところ、男性の正規職員・従業員のなかで週60時間以上働く人の割合は30~34歳で20%強、25~29歳、35~39歳、40~44歳も20%弱と言われています。

 

女性やパートタイマーの人を含めると割合は低下すると思いますが、5%以下っていうのは相応の努力が必要でしょう。

 

 

 


(2)については…

現在のところの年次有給休暇取得率は50%弱だったと思います。

 

いま現在、5日の有給休暇の取得を義務付ける改正労基法案を議論中ですが、それがきっと後押ししてくれることと思います。

 

 


(3)についても…

今年12月から改正労働安全衛生法によるメンタルヘルスチェックが50人以上の会社に義務付けられますから、メンタルヘルス対策に取り組む会社が大きく向上すると思われます。

 

 

 

会社としていろいろな取り組みや義務が追加されますが、「過労死ゼロ」は社会全体で考えていく問題だと思います。