就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日

ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日

ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日

ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月29日

ブログ(Jリーグでハラスメント)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

昨年の賃上げ、物価に追いつかず

給料が上がっても、物価に追いつかなければ、実質は目減り…。
2月8日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

実質賃金0.9%減 賃上げ、物価に追いつかず 昨年

 


ここから

 

厚生労働省が8日発表した2015年の毎月勤労統計調査(速報値)によると、物価変動の影響を除いた2015年通年の実質賃金は前年から0.9%減少した。マイナスは4年連続となる。

 

名目賃金にあたる現金給与総額は0.1%増で2年連続のプラスだった。

 

賃金の上昇が物価上昇のペースに追いついていない。

 

ここまで

 


全体の名目賃金は0.1%伸びましたが、伸び悩みの原因は「賃金水準の低いパート労働者が増えたため」だそうです。

 

この統計は、正社員からパートからすべて含めた数字ですから、パート労働者が増えると必然的に伸びは小さくなります。

 

 

では、正社員だけを見るとどうでしょうか?

 

正社員だけの実質賃金でも前年に比べ0.6%減ったそうで、名目賃金では0.4%増にとどまったとのこと。

 

全体統計の実質賃金0.9%減、名目賃金0.1%増よりは、正社員の統計値はまだマシですが、賃金の伸びが物価の伸びに食われているという構図は今後の課題だと思います。