就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

賃上げの幅、控えめ

昨日は、春闘における会社からの一斉回答日でした。
3月16日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

賃上げ3年目 幅控えめ

 


ここから

 

2016年春の労使交渉は16日、自動車や電機など主要企業がベースアップ(ベア)に相当する賃金改善や一時金を組合側に一斉回答する。

 

トヨタ自動車や日立製作所など主要メーカーが3年連続でベアを実施した。
ただ企業収益の先行きは不透明感が強く、大手の水準は軒並み昨年を下回る。

 

非正規社員の待遇など格差是正に向けた取り組みは進むものの、低水準の賃上げは内需を喚起して経済を上向かせる循環に水を差しかねない。

 

ここまで

 


1月中旬に書いたのですが、今春闘は要求水準が昨年の回答水準を下回っています(→ここ)。

 

要求自体の水準が低いわけですから、回答で高い水準のものが期待できるわけがありません。

 

 

大企業の収益は好調なところが多いながらも、円高や中国経済の失速によって、回答はかなり慎重な水準となりました。

 

何年か前と比べると、ベアがあるだけマシと考えるべきでしょうかね。