就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

第二新卒に熱い視線

新卒ではなく、第二新卒という大卒後3年未満ぐらいの若い人を採用する企業が増えているそうです。
6月21日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

第二新卒に熱い視線

 

 

ここから

 

社会人経験の浅い第二新卒の採用に力を入れる動きが大手企業の間で広がっている。

 

三菱電機が今秋入社から採用を始めるほか、博報堂は採用数を2倍に増やす。

 

経団連に加盟する企業の新卒採用面接が6月1日に解禁されたが、今年の新卒・中途採用は空前の売り手市場。

 

第二新卒に間口を広げ、優秀な人材を獲得しようとしている。

 

ここまで

 


新卒社員を採用すると、会社の仕組みやビジネスマナーをゼロから教えなければならず、何かと研修で手間がかかるものです。

 

 

第二新卒であれば、前の会社に染まっているわけでなく、ビジネスマナーも分かっているわけで、研修の手間がそんなにかかるわけではありません。

 


新卒が売手市場ですから、計画通り新卒を採用できなかった場合、第二新卒を採用するという行動に出る会社が多いのでしょうね。

 

 

大卒者の三割が、入社三年間で会社をやめるという統計があると聞きます。

 

第二新卒の採用が活発になると、今後もその傾向が維持されるかもしれません。