就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

男子就活生の半数、育休希望

若い世代の男性には、育休を取得したいというニーズが強そうです。
7月15日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

男子就活生の半数、育休希望 来春卒

 


ここから

 

来年春の入社に向けて就職活動中の大学生・大学院生への意識調査で、男子の半数が、将来子供が生まれた時に育児休業を取得し、子育てに関わりたいと考えていることが分かった。

 

男性の育休取得率は2014年度で2.3%にとどまっているが、子育てに前向きな男子学生が多く、職場の理解など環境整備が取得率アップの鍵となりそうだ。

 

ここまで

 


育児休業については、かつては奥さんが家で育児ができるのであれば、夫は育児休業を取得できませんでした。

 

それが、いまは奥さんが育児をしていても、夫も育児休業を取得できます。

 

夫が育児休業を取得できる環境はかなり整備されてきたように思います。

 

 

にもかかわらず、男性の育休取得率は2.3%。
これって、一日でも育休を取れば、取得したことになります。

 

 

学生時代に「育休を取りたい」と思っていて、果たして実際に会社に入社して、育休を取得できるか?

 

育休を取得するのに会社の許可は必要ありませんが、なかなか雰囲気的に取得しづらいかもしれませんね。