就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日 ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月28日 ブログ(高額年俸者の残業代が認められるか?)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金60万人超が受給可能に

年金制度が少し変わって、恩恵を受ける人が増えるみたいです。
7月16日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

年金60万人超が受給可能に

 


ここから

 

年金の受給資格を得るのに必要な保険料の納付期間を25年から10年に短縮する政府方針で、新たに年金を受け取ることができる人が60万人超に達することがわかった。

 

これまで2007年の調査に基づき、新たに受給資格を得る対象者を17万人と推計していたが、高齢化の進展で対象者が増えた。

 

ここまで

 

 

例外がたくさんあるのですが、お年を召した時にもらえる年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金)は、国民年金か厚生年金保険に25年加入したらもらえます。

 

逆に言えば、25年加入しなかったら年金をもらえないのが、いまの制度です。

 

それが、25年ではなく、10年加入していたら年金をもらえるようになるとのこと。

 

この制度改正は、消費税を8%から10%に増税した時に導入するというものでした。
消費税アップによる税金が財源だったのでしょう。

 

消費税アップをせずに、先にこの制度を導入…財源をどこかから捻り出してくるのでしょう。