「雇用調整助成金」お問い合わせフォーム

雇用調整助成金の支給申請手続きの受付を始めました!

まずは、お問い合わせから(こちら)。

「労務相談」お問い合わせフォーム

労務相談(電話または面談)の受付を始めました!

まずは、ご予約から。

お問い合わせは、こちらから。

「障害年金」お問い合わせフォーム

障害年金の受給手続きサポートを受付中です。

まずは、無料相談から。

お問い合わせは、こちらから。


※現在、精神(メンタル)面に関する障害年金の請求手続きのみの取扱いです。

就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?それは、古くないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?

 

まずは、「無料診断」から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリストに、トライしてください!

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2020年6月25日

ブログ(在宅勤務、7割が「効率低下」)を更新しました。

2020年7月1日

ブログ(休業で社会保険料軽減)を更新しました。

2020年7月2日

ブログ(求人倍率が46年ぶりの下げ幅)を更新しました。

2020年7月6日

ブログ(派遣社員も在宅拡大)を更新しました。

2020年7月7日

ブログ(大手企業でオフィス面積を半減へ)を更新しました。

2020年7月10日

ブログ(個人向け休業給付、10日申請開始へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

在宅店長

イオンが面白い人事制度を導入したみたいです。
7月21日の日経朝刊から抜粋します。

 

イオンが「在宅店長」 人口減でも働き手確保、東北の試み

 

 

ここから

 

イオンが今春、小売業では異例の店長にも在宅勤務を認める人事制度を導入した。舞台は東北地方に21店を展開するイオンスーパーセンター(SC、盛岡市)。

 

人口減少で働き手の確保が難しくなるなか、仕事、育児、介護の「1人3役」をも求められている現代の勤労世代をどう支えるか。
従業員の家庭生活も視野に働き方を見直す。

 

ここまで

 

 

具体的には、1ヵ月最大5日を認める在宅勤務というものだそうです。

 

この制度を導入した背景は、「育児や介護を抱える人材でも働けなければ、事業継続に問題が生じかねない」との会社側の危機感によるものだそうです。

 

間接部門の長ならばまだしも、スーパーという言わば直接部門の長に在宅勤務を認めるという制度を導入するのには、社内の抵抗もあったのではないでしょうか?

 

 

制度導入の効果としては、育児や介護がやりやすくなったことは当然のことですが、それ以外の副次的効果もあったようです。

 

 

店長業務を代行した部下の能力が目に見えて高まり、「より多くの仕事を任せられるようになった」…。
復帰後の残業時間が減った…。

 

…副店長クラスの責任感が増したでしょうね。

 

 

ある店では20%だった女性管理職比率が60%まで跳ね上がった…。

 

…管理職の業務内容が透明化されたことで昇進に尻込みする優秀な人材が減ったからだそうです。

 

 

人手不足を解消するには、従来の発想をがらりと変えることが必要で、それにより何らかの副次的効果がもたらされることがあるのですね。