就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年4月11日 ブログ(就活必携・労働法)を更新しました。

2017年4月27日 ブログ(無店員の個人情報、どこまで出せる )を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

2016年

8月

19日

年休取得で社会貢献

自分自身の心身を休めることが主目的の年休であるはずが、社会貢献までできる会社があるそうです。
7月21日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

武田、年休取得65%で100万円を寄付 育児支援のNPO法人に

 


ここから

 

武田薬品工業は20日、社員の年次有給休暇の取得率に応じてNPO法人への寄付額が増減する制度を導入すると発表した。

 

年休取得が待機児童など同社社員の関心が高い問題に取り組む団体の支援につながる仕組みをつくる。

 

年休の65%(全社員平均ベース)を取得した場合、武田は2団体に約100万円ずつ寄付することになる。

 

寄付先は育児支援と放課後支援の2つのNPO法人。

 

ここまで

 

 

武田薬品の現在の年休取得率は62.4%だそうで、もう少し頑張れば65%を達成できます。

 

みんなが年休をもう少し取得すれば、NPO法人へ約100万円ずつ寄付できるわけですから、意識の高い方は頑張るかもしれませんね。

 

 

年休を取りづらい理由として、「職場の人への遠慮」という項目が上位にあげられます。

 

年休を取得することが自分のためだけではなく、社会貢献につながるのであれば、遠慮なく年休を取得できそうですね。