就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

社員紹介による採用

大企業の採用する側もいろいろな手を使い始めました。
10月6日の日経朝刊から抜粋します。

 

中途人材採用、社員の紹介で 大企業も活用

 


ここから

 

社員紹介による中途採用が広がっている。

 

米国などで一般的な「リファーラル採用」と呼ばれる手法だが、日本企業は求人広告や登録制の人材紹介サービスを使う場合が多かった。

 

人手不足の深刻化を受け従来の手法で人を集めにくくなっていることが背景にある。

 

ここまで

 


私が採用をやっていた頃、「私の友達で、こんな人がいるんですけど」と履歴書をも持ってくる社員がたまにいました。
身元が分かっていますし、そういう人は安心して採用に踏み切れるというメリットがあります。
ただ、面接をして不合格の場合、お断りしにくいデメリットがありますけどね…そこは、心を鬼にして。

 

 

大企業であれば、社員紹介なんてしなくても人が集まると思っていましたが、そうでもないみたいですね。
優秀な人材を確保するには、あの手この手でという感じですかね。
採用コストも抑えられますし…。

 

 

社員紹介制度で注意を要することが一つ…。

 

社員Aさんが友人のBさんを会社に紹介して、Bさんはめでたく採用となりました…だから、そのお礼に会社が社員Aさんに成功報酬を払いました。

 

これは、職業安定法(第40条)に違反すると言われています。
交通費や打合せ費用の実費相当分の支給分は認められるとされています。