就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年5月17日 ブログ(兼業者の労災給付を拡充)を更新しました。

2017年5月18日 ブログ(無期雇用転換制度をご存知?)を更新しました。

2017年5月25日 ブログ(テレワーク浸透せず)を更新しました。

2017年5月26日 ブログ(うつ病で再休職が増加)を更新しました。

2017年5月29日 ブログ(月曜午前は心疾患にご用心)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

兼業・副業「推進」は15%

東京商工会議所による兼業に関する調査結果をご紹介します。
12月14日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

兼業・副業「推進」15% 東商の中小企業調査

 


ここから

 

東京商工会議所は13日、中小企業の兼業・副業に関する実態調査をまとめた。

 

調査対象となった702社のうち、「積極的に推進」が15%、「やむを得ず容認」が16%だった。「将来的に容認」も25%あった。

 

本業での賃金水準が低く、社員の兼業要望を受け入れざるを得ないケースが多いという。

 

ここまで

 


この15%という数字は高いのでしょうか?それとも低いのでしょうか?
微妙な数字で、分かりません…。

 


一日の労働時間が8時間の人が兼業を申し出た場合、会社としては別の会社で働くことは認めたくないのが本音でしょうね。

 

 

長時間労働により、自分のところの会社の仕事がおろそかになる可能性があります。
同業で仕事をされると、会社の機密が漏れる可能性があります。
社会的に良からぬ会社で働くと、「あそこの社員の人って、もう一つの会社としてあの悪名高い会社で働いている」なんて噂もたつかもしれませんし…。

 

 

と言いつつ、兼業を認めるのは世の中の流れになりつつあります。

 

どんな兼業をするのか、会社としてもしっかりと把握しておく必要があるでしょうね。