就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月14日

ブログ(残業時間の過少申告7%)を更新しました。

2017年11月16日

ブログ(企業、内々定早まる)を更新しました。

2017年11月17日

ブログ(女性の力で働き方改革を)更新しました。

2017年11月21日

ブログ(未払賃金請求権の期間延長を検討)を更新しました。

2017年11月22日

ブログ(消える社内立ち話)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

残業減り「ちょい飲み」増

働き方改革が、消費の動向に影響を与えているみたいです。
6月28日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

残業減り「ちょい飲み」増

 


ここから

 

外食企業でお酒を軽く飲む「ちょい飲み」需要を取り込む動きが広がっている。ファーストキッチンは7月からアルコール販売を全国に拡大するほか、ゼンショーホールディングスも夏から「なか卯」で本格的に扱う。

 

残業規制で帰宅が早まることによる需要増が期待されており、各社は新業態などで売り上げ拡大を狙う。

 

総務省の4月の家計調査では、2人以上の世帯が食料にかける支出は9カ月連続減少。働き方改革による残業規制によって、終業後に友人同士で軽く飲んで帰るといった消費者が増えている。残業代が減ると宴会に使うお金も減るとの見方もあり、ちょい飲み需要はさらに広がりそうだ。

 

ここまで

 


残業代が減り、懐が寂しくなっているはずなのに、「ちょい飲み」している人が多いのですね。

 

 

残業時間が減るということは、当たり前ですが早く会社を退社できるわけで…
だけど、「家に早く帰ってもなぁ」と考える人が多そうですね。

 

 

「ちょい飲み」が増えるということは、本格的な居酒屋さんの売上が減るかもしれませんね。

 

 

この「ちょい飲み」…
私は一度飲むと深いお酒になってしまうので、ちょっとだけ飲むのは無理だなぁ…。