就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年10月11日

ブログ(労働条件の通知、メールで可能に)を更新しました。

2018年10月12日

ブログ(65歳以上雇用へ法改正を検討)を更新しました。

2018年10月15日

ブログ(兼業・副業「許可せず」75%)を更新しました。

2018年10月16日

ブログ(無期雇用派遣が広がる)を更新しました。

2018年10月18日

ブログ(厚生労働省がパワハラ相談体制を拡充)を更新しました。

2018年10月19日

ブログ(保育所利用の落選狙いが横行)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

家飲み「増えた」2割

働き方改革による思わぬ影響が…。
2月3日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

家飲み「増えた」2割

 


ここから

 

働き方改革がじわり浸透し「家飲み」が増えている。2017年に全国の20~69歳の男女1000人に聞いたところ、2016年と比べ平日に自宅で酒を飲む機会が増えたと答えた人は全体の20%にのぼった。休日に家で酒を飲む機会が増えた人も18%いた半面、平日や休日に外で酒を飲む機会が減ったと回答した人は全体の2割強いた。

 

ここまで

 


平日に限って言えば、家でお酒を飲む人が2割増えたとのことです。

少し前、働き方改革の影響で「ちょい飲み」する人が増えたという記事を目にした記憶があります。

総じて、ビジネスパーソンのお財布から出ていく外食代は減少傾向にあるのかもしれませんね。

 

 

「飲みニケーション」なんていう言葉があります。
会社勤めをしていた頃の私は、月曜日の残業後には必ず飲みに行っていました。
週末を挟むので、人恋しかったのかもしれません。

 

 

最近は残業時間が減り懐が寒くなった上、ネットのSNSで人と交流できるので、飲みニケーションを減らし、「家飲み」を増やしている人が増えつつあるのかもしれないですね。